「連絡不行き届き」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「連絡不行き届き」とは?言葉の意味

この記事では、「連絡不行き届き」の意味を分かりやすく説明していきます。

「連絡不行き届き」とは?意味

「連絡不行き届き」は、「連絡が行き届いていないこと」という意味があります。

「連絡」には、「関係者に情報を伝えること」という意味があり、「不行き届き」には、「注意や配慮が十分に行き届かないこと」という意味があります。

本来なら、きちんと連絡が行き届くところなのに、行き届いていないことを示唆します。


「連絡不行き届き」の言葉の使い方や使われ方

「連絡不行き届き」は、ビジネスシーンで使われる言葉になります。

会社などの職場では、仕事に関係する人同士で情報を共有することが重要とされているため、重要な情報を関係者に連絡することが基本となっています。

しかし、その基本通りにできず、関係者に連絡を行き届けることができなかったとき、自戒の念を込めて「連絡不行き届き」という言葉を使うことがあります。


「連絡不行き届き」の例文

「連絡不行き届き」を使った例文を挙げます。

・『この度は、連絡不行き届きがありましたことを、深くお詫び申し上げます』
・『弊社社員の連絡不行き届きが原因の失態です』
・『今後は連絡不行き届きがないよう、注意して参ります』

まとめ

「連絡不行き届き」は、連絡が行き届いていないことを意味します。

そのことによって、仕事上の問題が起った時などに、謝罪文の中に登場することが多い言葉になります。

タイトルとURLをコピーしました