「次の機会を楽しみにしています」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「次の機会を楽しみにしています」とは?ビジネス用語

「次の機会を楽しみにしています」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「次の機会を楽しみにしています」とは?

「次の機会を楽しみにしています」は、何かに参加できない場面で使用できる言葉です。

「次の機会を楽しみにする」という事は、今回は参加できない、今回は実施できないなどの状態を意味しています。

つまり、今回は楽しめないため、次の機会に期待しているのです。

なお、「しています」は、現在進行形を言い表すための言葉だと言えます。

「している」という言葉に丁寧語の「ます」を付与して「しています」にしているのです。

このように表現すれば、今も継続して「楽しみ」な状態であることを示す事ができるのです。

「次の機会を楽しみにしています」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「次の機会を楽しみにしています」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、会社でイベントがあったとします。

しかし、あなたは家庭の都合でそのイベントに参加できないのでした。

このような場面では、「今回は誠に残念ではございますが、また次の機会を楽しみにしています」と言うとよいでしょう。

これにより、今回参加できないことを残念に思う様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「しています」の使い方に注意しましょう。

これは丁寧語の表現です。

これを謙譲語にすれば「しております」に言い換えできます。

相手や状況に合わせて、適切な語尾に変形させて使用する必要があるのです。

「次の機会を楽しみにしています」を使った例文

「次の機会を楽しみにしています」を使った例文を挙げます。

例文のように、冒頭に少し言葉を加える事で、自然な文章を作成できるのです。

・『また次の機会を楽しみにしています』
・『今回は残念ですが、次の機会を楽しみにしています』
・『誠に心惜しいのですが、次の機会を楽しみにしています』

「次の機会を楽しみにしています」の類語と敬語での言いかえ

「次の機会を楽しみにしています」の類語と敬語を解説していきます。

「次の機会を楽しみにしています」の類似表現

この言葉の類似表現は、「またの機会を楽しみにしています」が挙げられます。

「次の」「またの」は、同じ意味で使用できる言葉だと言えるのです。

「次の機会を楽しみにしています」の敬語表現

この言葉を、別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「次の機会を楽しみにしております」のように言いかえが可能です。

まとめ

このように「次の機会を楽しみにしています」は、何かに参加できない場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました