「競売」の読み方と意味とは?「けいばい」と「きょうばい」の正しい読み方について詳しく解釈

「競売」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「競売」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「競売」の正しい読み方は「けいばい」と「きょうばい」どちら

「競売」には2つの読み方があります。

1つ目は「けいばい」で、音読みになります。

音読みとは漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方で、「競」の音読みは「きょう・けい」になります。

2つめは「きょうばい」で、こちらの音読みになります。

「競売」の音読みは2つありますが、日常では「きょうばい」が使われることが多くなります。

正しい読み方の結論

「競売」「けいばい」「きょうばい」どちらも正しい読み方です。

ただし、読み方により意味が違ってきます。

「競売」の意味

「競売」の読み方による意味の違いは以下の通りです。

「けいばい」と読む場合、「法律用語として使われ、差し押さえた物件を、入札などの方法で売却すること」という意味です。

「きょうばい」と読む場合、「複数の人に買値を付けさせて、最高価格を提示した人に売却する方法のこと」という意味です。

こちらは日常的な物品に「オークション」として使われることが多くなります。

「競売」の言葉の使い方や使われ方

「競売」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『担保として差し押さえた物件を競売(けいばい)にかける』
・『有名が画家の絵を競売(きょうばい)で競り落とす』
・『買取業者に出すより競売(きょうばい)に掛けた方が、高く売れる場合がある』

まとめ

今回は「競売」の読み方について紹介しました。

「競売」「けいばい」「きょうばい」も正しい読み方で、読み方により使い方が変わってきます。

正しく使える様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました