「incident」と「accident」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「incident」と「accident」の違い英語

この記事では、「incident」「acciden」の違いを分かりやすく説明していきます。

「incident」とは?

「incident」とは、「出来事」を意味している英語の名詞です。

また、「事件」 「付随物」という意味も持っています。

他にも、「付帯的な」という意味の形容詞としても使われます。

「accident」とは?

「accident」とは、「出来事」を意味している英語の名詞です。

また、「偶有性」「偶然」という意味も持っています。

「incident」と「accident」の違い

「incident」「accident」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「出来事」という意味を持つ名詞ですが、「incident」「事件」という意味を持っています。

「不快な出来事」というニュアンスを持っています。

一方で、「accident」「事故」という意味を持っており、「好ましくない不運の出来事」というニュアンスになります。

「incident」の例文

・『The incident was already solved. 』
(その事件はもう既に解決されました。)

・『She got involved in the incident. 』
(彼女はその事件に巻き込まれました。)

「accident」の例文

・『I was involved in the car accident. 』
(私はその車の事故に巻き込まれました。)

・『I swear it was an accident. 』
(私は意図的にやってないと誓います。)

まとめ

英語の「incident」「accident」の違いを詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「incident」「accident」の違いについて知りたいときは、この記事の説明をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました