「多大な貢献をいただき」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「多大な貢献をいただき」とは?ビジネス用語

「多大な貢献をいただき」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「多大な貢献をいただき」とは?

「多大」は、「多くて大きいこと」を意味します。

これは言葉の通り、続く言葉を強調するために用います。

ここでは「多大な貢献」としていることから、その「貢献」内容や程度が、「多くて大きいこと」を示しているのです。

また、「貢献」は、「役に立ちこと、寄与すること」を意味します。

これは「貢(みつ)ぐ」「献(けん)ずる」という言葉で構成されていることからも、想像できることでしょう。

ここでは「貢献をいただき」とすることで、謙譲表現にしています。

「いただき」「もらう」を意味する謙譲語なのです。

「多大な貢献をいただき」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「多大な貢献をいただき」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが担当したプロジェクトが無事に完了したとします。

そのプロジェクトでは、一人のメンバーが大きく活躍してくれました。

このような場合には、「プロジェクト期間中に、彼からは多大な貢献をいただきました」と述べるとよいでしょう。

これにより、彼の貢献が大きかったことを、丁寧な言葉で表現できるのです。

この言葉を使用する場合は、「貢献」の使い方に注意が必要です。

これは、目上の人に対して使用できない言葉なのです。

目上の人が自分に対したことを、「貢献」と表現すると失礼になってしまいます。

間違えて使用しないように注意しましょう。

「多大な貢献をいただき」を使った例文

「多大な貢献をいただき」を使った例文を挙げます。

例文のように、前後に言葉を組み合わせることで、文章を作成することが可能です。

文脈や状況に応じて、上手に使うとよいでしょう。

・『多大な貢献をいただき、誠にありがとうございました』
・『多大な貢献をいただきましたことに、厚く御礼いたします』
・『長年にわたり、当社に多大な貢献をいただきました』

「多大な貢献をいただき」の類語と敬語での言いかえ

「多大な貢献をいただき」の類語と敬語を解説していきます。

「多大な貢献をいただき」の類似表現

「多大な貢献をいただき」の類似表現には、「多大なる貢献をいただき」があります。

「多大な」「多大なる」は、少しだけ印象に違う同じ意味の言葉だと言えます。

「多大な貢献をいただき」の敬語表現

「多大な貢献をいただき」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「多大な貢献を頂戴し」に言いかえできます。

まとめ

このように「多大な貢献をいただき」は、相手の貢献に言及する場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました