「ご都合いかがでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご都合いかがでしょうか」とは?ビジネス用語

「ご都合いかがでしょうか」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「ご都合いかがでしょうか」とは?

「ご都合いかがでしょうか」は、相手の都合を尋ねる言葉です。

敬語や丁寧語を解除して、純粋な意味だけで言いかえると「都合はどうか」となります。

「都合」とは「具合の良し悪し」を表す言葉です。

多くの場合は、スケジュールや予定と折り合いがつくことを表して「都合がつく」と表現します。

逆に予定が合わない場合には「都合がつかない」と表現できるのです。

また、「いかが」「如何」と表記できます。

これは「何の如き」と書けるのです。

つまり「どのようか」「どうか」という意味で、「いかがでしょうか」という言葉を使用できるのです。

なお、ここでは丁寧語の「です」を組み入れる事で、丁寧な表現を実現しています。


「ご都合いかがでしょうか」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご都合いかがでしょうか」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが先輩をゴルフに誘っていたとします。

そして、まずは週末の予定を相手に尋ねる事にしたのです。

このような場合には、「今週末はご都合いかがでしょうか」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手に週末の予定を質問する事ができるのです。

この言葉を使用する場合には、「いかがでしょうか」の使い方に注意しましょう。

これは「いかがですか」に言い換えできます。

どちらを使用しても丁寧語の疑問文です。

しかし、意味は同じでも印象の違う表現になるのです。

相手に与える印象を考慮しながら、適切に使い分けるとよいでしょう。


「ご都合いかがでしょうか」を使った例文

「ご都合いかがでしょうか」を使った例文を挙げます。

例文のように、「誰が」「いつ」などを示す言葉を先に述べると、分かりやすい文章を作成できます。

・『今週末は、ご都合いかがでしょうか』
・『明日はご都合いかがでしょうか』
・『皆様はご都合いかがでしょうか』

「ご都合いかがでしょうか」の類語と敬語での言いかえ

「ご都合いかがでしょうか」の類語と敬語を解説していきます。

「ご都合いかがでしょうか」の類似表現

「ご都合いかがでしょうか」の類似表現には、「ご予定いかがでしょうか」があります。

「ご都合」「ご予定」は、同じような使い方のできる類似表現なのです。

「ご都合いかがでしょうか」の敬語表現

「ご都合いかがでしょうか」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ご都合いかがでございますか」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご都合いかがでしょうか」は、相手に予定を尋ねるフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました