「ご考慮いただけますと幸いです」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご考慮いただけますと幸いです」とは?ビジネス用語

「ご考慮いただけますと幸いです」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「ご考慮いただけますと幸いです」とは?

「考慮」は、「よく考えること」を意味します。

「考慮」「考」「考える」であり、「慮」「慮(おもんぱか)る」と読みます。

「慮る」という動詞は、この言葉だけで「よく考える」との意味を持ちます。

「おもんぱかる」は、「おもいはかる」という言葉がもとになっているのです。

ここでは「いただけますと幸いです」という言葉と組わせて使用しています。

この言葉は、敬語表現で頻繁に使用される定番のフレーズです。

この言葉には、「いただく」という「もらう」の謙譲語が含まれています。

これにより、相手にて大して敬意を示しながら、控えめな表現で何かを依頼できるのです。


「ご考慮いただけますと幸いです」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご考慮いただけますと幸いです」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが顧客と契約交渉していたとします。

次年度の契約継続に関して、相手の要求事項は非常に厳しいものでした。

このままでは、契約の打ち切りも辞さない態度で、交渉に臨むことになりそうだったのです。

このような場合には、「このままでは契約が困難ですので、再度条件面をご考慮いただけますと幸いです」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手に対して控えめな形で、再考するように要求できるのです。

この言葉を使用する場合には、「幸いです」の使い方に注意しましょう。

この言葉は丁寧で控えめな依頼の言葉です。

そのため、相手に対して強い要求が必要な場面では、非効率な選択になるのです。

状況に応じて断定する場合と遠回しに表現する場合を、上手に使い分けるとよいでしょう。


「ご考慮いただけますと幸いです」を使った例文

「ご考慮いただけますと幸いです」を使った例文を挙げます。

例文のように、そのままでも使用できますし、言葉を加えてアレンジして使用してもよいでしょう。

・『ご考慮いただけますと幸いです』
・『今後のためにも、しっかりご考慮いただけますと幸いです』
・『大変重要な判断ですので、じっくりご考慮いただけますと幸いです』

「ご考慮いただけますと幸いです」の類語と敬語での言いかえ

「ご考慮いただけますと幸いです」の類語と敬語を解説していきます。

「ご考慮いただけますと幸いです」の類似表現

「ご考慮いただけますと幸いです」の類似表現には、「お考えいただけますと幸いです」があります。

「ご考慮」「お考え」は、ほぼ同じ意味を持つ言葉だと言えるでしょう。

「ご考慮いただけますと幸いです」の敬語表現

「ご考慮いただけますと幸いです」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ご考慮くださいますと幸いです」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご考慮いただけますと幸いです」は、相手に考えてほしい場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました