「お伝えいただけますでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「お伝えいただけますでしょうか」とは?ビジネス用語

この記事では「お伝えいただけますでしょうか」について解説をします。

「お伝えいただけますでしょうか」とは?意味

ある事柄をある人に知らせてくれますか、伝達してくれますかという意味です。

問いかける形でお願いをしています。

「お伝え」「伝える」「お」をつけて、聞き手を敬う表現にしたものです。

「伝える」には、言葉や文章などで知らせるという意味があります。

この場合は、伝える行為をするのは話し手です。

「お」は動詞の連用形について、そのしたに「いただく」を添えた形で、相手に何かをしてもらうことをへりくだって言うものです。

「ます」は敬意を表す語、「でしょうか」「だろうか」の丁寧な表現で、はっきりしない事柄を問う意になります。


「お伝えいただけますでしょうか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、誰かに何かを知らせて欲しいときに使用をします。

たとえば、Aさんに用事があって電話をしたとします。

このときAさんは席を外していて、直接話をすることができませんでした。

そのようなときに、○○についてAさんに言っておいてください、私から電話があったことを言っておいてくださいといった意味で、この言葉を使用します。

問いかける形でお願いをしています。

このような形にすると柔らかい印象になります。

「ください」でもお願いをできますが、これだと押し付けている印象になってしまいます。

「いただけますでしょうか」ですが、この部分は「いただけますか」としても問題ありません。

いくつも言葉を並べるよりも、すっきりとした印象になります。

メールなど文章で使うときには、見た目にも配慮をすると読みやすくなります。


「お伝えいただけますでしょうか」を使った例文

・『○○さんにお伝えいただけますでしょうか』

「お伝えいただけますでしょうか」の返答や返信例

伝えないということはあまりなく、たいていは「わかりました」の意を返します。

伝えて欲しいと頼まれている事柄は、忘れないようにメモをしておきましょう。

相手がいったことを復唱すれば、間違いがありません。

時間が経つと、伝えるという行為をするのを忘れてしまいがちなので、忘れないように気をつけてください。

特に、忙しいときはバタバタとして忘れてしまいやすいので、注意が必要です。

伝えるべき事柄が重要な場合、忘れてしまうと重大な結果になります。

まとめ

この言葉は、ある人に何かを伝えて欲しいときに使用をします。

電話をしたけれど用事のある人が不在だったときに使用されることが多いです。

メールでやりとりする機会が多いですが、電話を使用することもまだあるので、この言葉を使用する機会もあることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました