「ccより失礼します」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ccより失礼します」とは?ビジネス用語

「ccより失礼します」を解説していきます。

気になるビジネス言葉を、上手に言い換えていきましょう。

「ccより失礼します」とは?

「ccより失礼します」はビジネスメールの返答文のひとつ。

一斉送信されたメールで、個別に質問したいときに引用します。

「外部から個人的な質問をして、申し訳ありません」というニュアンスが込められています。

この場合のccというのは、カーボンコピーのこと。

To以外の送り先をあらわしています。

Toが主役だとすれば、ccはサブ的な扱いになっています。


「ccより失礼します」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「ccより失礼します」は疑問点があって、質問をおこなうときに利用します。

おもに社内のやり取りで用いられる表現です。

通常ccと書かれている場合は「確認しました」という返信は必要ありません。

そのためとくに用事もないのに「ccより失礼します」と返答するのは控えておきましょう。

本当に必要なときに限定して、用いていきたいです。


「ccより失礼します」を使った例文

・『ccより失礼します。明日の集合場所はどちらでしょうか』
・『ccより失礼します。雨天の場合は延期ですか』
・『ccより失礼します。打ち合わせは会議室でおこないますか』

「ccより失礼します」の類語や敬語での言いかえ

「ccより失礼します」の言いかえとして「横から失礼します」があります。

こちらはメールのやり取りが行われている中、やむを得ず会話をさえぎって質問をしたい場合に使います。

ビジネスチャットでも利用されています。

「ccより失礼します」の類似表現

よく似た表現に「ccから失礼します」があります。

「より」「から」に変えただけですが、こちらも良く用いられているフレーズです。

「ccより失礼します」の敬語表現

さらに丁寧さを加えたいなら「ccから失礼いたします」が挙げられます。

上司など目上の方に質問するときに、引用できる言い回しです。

「いたします」「する」の謙譲語になるため、質問するこちら側を下げる言い回しになっています。

「ccより失礼します」の返答や返信例

「ccより失礼します」は、その後に何らかの質問が書かれていることが多いです。

そのため「ご質問いただいた件について、回答いたします」「明日の件で、ご連絡いたします」と答えていきます。

「説明不足で申し訳ありません」とひと言付け加えておくと、丁寧な言い方に聞こえます。

まとめ

「ccより失礼します」の意味と使い方を学びました。

この表現は一斉送信されたメールに対する返信文です。

自分の名前やアドレスがccにあったとき、前置きとして使います。

基本的にccの返信は必要がないため、質問があるときに限定して利用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました