「明ける」と「開ける」と「空ける」の違いとは?分かりやすく解釈

「明ける」と「開ける」と「空ける」の違い言葉の違い【3語】

この記事では、「明ける」「開ける」「空ける」の違いを分かりやすく説明していきます。

「明ける」とは?

「明ける」の意味は以下の通りです。

1つ目は「朝になる」という意味で、太陽が出てきて夜が終わることです。

2つ目は「新しい年になる」という意味で、12月31日が終わって1月1日になることです。

3つ目は「ある期間が終わる」という意味で、慣習や規定により定められている期間が終了することです。

上記に共通するのは「終わって新しくなる」という意味です。


「明ける」の使い方

「明ける」は動詞として「明ける・明けた」と使われたり、副詞として「明けて」と使われたり、名詞として「明け」と使われたりします。

基本的に、ある定められている期間が終わり、次の新しい期間が始まることに使われる言葉です。


「明ける」の例文

・『夏になると夜が早く明ける』

「開ける」とは?

「開ける」「あける」と読み、主な意味は以下の通りです。

1つ目は「ある空間を仕切っているものを取り除く」という意味で、窓や扉などの仕切りを外したり、放つことです。

2つ目は「営業を始める」という意味で、商売が始まる時間のことです。

上記に共通するのは「仕切りをなくす」という意味です。

「開ける」の使い方

「開ける」は動詞として「開ける・開けた」と使われたり、副詞として「開けて」と使われたり、名詞として「開き」と使われたりします。

基本的に、内側と外側を仕切っているものを取り除いて、出入りできる様にすることに使われる言葉です。

「開ける」の例文

・『冬でも換気の為に窓を開ける』

「空ける」とは?

「空ける」「あける」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「穴を作る」という意味で、手や工具で穴を作ることです。

2つ目は「それまで使っていた場所から他に移動して、その場所を使わずにおくこと」という意味で、空の場所を作っておくことです。

3つ目は「空間や空白を作る」という意味で、間隔を広げて空間を作ることです。

4つ目は「暇な時間を作る」という意味で、拘束されない時間を作っておくことです。

上記に共通するのは「何もない場所を作る」という意味です。

「空ける」の使い方

「空ける」が動詞として「空ける・空けた」と使われたり、副詞として「空けて」と使われたり、名詞として「空き」と使われたりします。

基本的に、何もない場所や時間を作ることに使われる言葉です。

「空ける」の例文

・『練習試合が入るかも知れないので日曜日は空けておく』

「明ける」と「開ける」と「空ける」の違い

「明ける」「ある定められている期間が終わり、次の新しい期間が始まること」という意味です。

「開ける」「内側と外側を仕切っているものを取り除いて、出入りできる様にすること」という意味です。

「空ける」「何もない場所や時間を作ること」という意味です。

まとめ

今回は「明ける」「開ける」「空ける」について紹介しました。

「明ける」「新しく始まる」「開ける」「出入りできる様にする」「空ける」「何もない場所を作る」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました