「連絡している」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「連絡している」の敬語表現とは?ビジネス用語

「連絡している」の敬語表現とは?

使用方法および使用例について、徹底的に解説していきます。

「連絡している」の敬語での表現

これは、「連絡する」を現在進行形にした言葉です。

動詞に「いる」を組み合わせると、今もその行為が続いている様子を表現できます。

ここでは「連絡する」という行為が続いていることを、「連絡している」と表現しているのです。

たとえば、「先ほどから連絡している」「いつも連絡している」という使い方ができるのです。

なお、これを敬語にするときには、丁寧語を用いる方法が考えられます。

たとえば、「連絡している」よりも、「連絡しています」のほうが、丁寧に聞こえるのです。


「連絡している」の敬語での使用例

たとえば、ある人物にコンタクトしようと考えていたとします。

しかし、朝から何度も電話しているのに、相手が電話に出てくれないのでした。

このようなときに、「今朝からずっと連絡しています」と述べるとよいでしょう。

これにより、「連絡している」という内容を、丁寧に表現できます。

このように、敬語を用いることで、少し印象が変化します。

状況に合わせて、適切な敬語を選択するとよいでしょう。


「連絡している」の敬語での使い方

「連絡している」を敬語にするときには、複数の選択肢が考えられます。

まず、「連絡しています」と言い換える方法があります。

これは、丁寧語を用いた敬語表現になるのです。

また、「連絡しております」にすると謙譲語になります。

さらに、「連絡しているところです」と言い換える方法もあるのです。

この場合、「連絡しているところでございます」とすると、より丁寧な印象を持つ言葉遣いになります。

まとめ

このように、「連絡する」を現在進行形にしたものとして、この言葉を使えます。

そして、敬語を用いることで、同等の内容であっても、様々な表現が可能になるのです。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました