「不明点があれば連絡します」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「不明点があれば連絡します」の敬語表現とは?ビジネス用語

この記事では「不明点があれば連絡します」について解説をします。

「不明点があれば連絡します」の敬語での表現

「不明点がありましたら、ご連絡いたします」となります。

「たら」は、実際にはそうなっていない事柄を仮に実現したと考えていう意を表します。

「ご連絡」「ご」はその行為が及ぶ人を敬うものです。

「いたし」「する」の謙譲語で、「ます」は敬意を表す語です。


「不明点があれば連絡します」を違ったふうに言い換えた場合はどうなる

『使い方に不明点がありましたら、ご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします』


「不明点があれば連絡します」を違ったふうに言い換えた場合の使い方

この言葉は、もしも自分の方でわからないことがあったら、メールや電話をするつもりであることを知ってもらうために用います。

たとえば、ある製品を購入して、それを実際に動かしはじめることにしたとします。

製品の使い方は説明してもらったし、説明書を受け取っていますが、使っていてどうしたらよいか困る場面が出てくるかもしれません。

使い方を知らないならそれを使うことができず、せっかく製品を取り入れたのに有効に活用できません。

こういったときには、わかる人に尋ねた方がよいでしょう。

そこで、「わからないことがあったら連絡をする」と製品を販売する側にあらかじめ伝えておくことにしました。

その際にこちらからこのように伝えます。

あらかじめ伝えておけば、何かあるかもしれないと準備をするであろうと期待できます。

連絡をするときには時間帯に気をつけてください。

すぐにでも何とかしたいかもしれませんが、相手にも都合があるので時間を考えなければなりません。

時間を考えずに連絡をしてしまえば、望む結果は得られないと思われます。

相手に迷惑をかけるだけでなく、自分にとっても不都合になるのです。

まとめ

この言葉は、自分の方から連絡をする可能性のあるときに用いるものです。

一言伝えておけば、連絡をしたときにスムーズに対応をしてもらえることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました