「話せない」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「話せない」の敬語表現とは?ビジネス用語

この記事では「話せない」の言い方について解説をします。

「話せない」の敬語での表現

「お話しできません」です。

「お話し」は、動詞の連用形に「お」をつけて、その後に「する」を続けた形になっています。

この形で謙譲の意になり、相手を敬います。

自分側の行為を低めて表現すると、相手を敬うことができます。

「ません」は丁寧な打消しの意です。


「話せない」を敬語で言い換えた場合の使用例

『それについてはお話しできません』


「話せない」を敬語で言い換えた場合の使い方

この言葉は、話し手側が相手に何かを伝えられないときに用います。

それを言っては差し支えがあるときに主に使用されます。

たとえば、企業秘密にかかわることを教えて欲しいと頼まれたとします。

この情報は大切なものなので、人に知らせることはできません。

このようなときに使われる言葉です。

それを言えないならば、はっきりと断らなければなりません。

断りにくいからと、企業秘密や個人情報にかかわることを教えてはいけないのです。

ただし、あまりにもはっきりと断ると、断られた側を嫌な気持ちにさせます。

伝え方によっては恨みを買う心配もあります。

そのため、断るときには相手の気持ちへの配慮を忘れてはなりません。

相手の気持ちに配慮をするために使うものがクッション言葉です。

クッション言葉を使うと、物事をやわらかく伝えたり、気遣いを示したりすることができます。

断るときには、「申し訳ありませんが」が使われます。

それを言えない理由も述べた方がよいでしょう。

理由を述べずにこのように伝えても、相手は納得してくれません。

納得できなければ、話すようにと何度でもお願いをしてくる可能性があります。

たとえば、企業秘密だから言えない場合は、企業秘密だからという理由で納得してくれるはずです。

まとめ

この言葉は、人には言えないことがあるときに用いるものです。

それを言うと大きな支障が出るので、どうしてもそれを言ってはいけないこともあります。

そのときには、きちんと断るようにしましょう。

クッション言葉を使えば柔らかく伝えることができます。

タイトルとURLをコピーしました