「煩わせる」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「煩わせる」の敬語表現とは?ビジネス用語

「煩わせる」の敬語表現・使い方・使用例について解説していきます。

さらに「煩わせる」の英語表現についても紹介しています。

「煩わせる」の敬語での表現や使い方

「煩わせる」というのは「相手を悩ませること」を意味している言葉です。

「煩わせる」の言葉には「相手に面倒や手間をかける、苦労させる」の意味合いもあります。

「煩わせる」の敬語表現として、丁寧語の「煩わせます・煩わせました」があります。

「煩わせる」「ご心配をお掛けする・お手数をお掛けする」のように他の言葉に言い換えることで、丁寧語+謙譲語の敬語表現にすることもできます。

「煩わせる」の謙譲語の敬語表現として、「ご面倒をお掛けする」「お時間を頂戴する」なども上げられます。

尊敬語の敬語として、「骨を折ってくださる」があります。

例えば、「ご面倒をお掛けしてしまい感謝の言葉もございません」といった敬語で、相手への感謝の気持ちを伝える使い方ができます。


「煩わせる」を敬語で言い換えた場合の使用例

「煩わせる」を敬語で言い換えた場合の使用例として、以下のような例文を挙げることができます。

・『お手間をお掛けしてしまうことになるので、なかなか私からは言い出せませんでした』
・『先生にご心配をお掛けすることがないように最大限の努力をしてまいる所存です』
・『社長が社員のためにこれほど骨を折ってくださったのだから、社員もその気持ちに応えないわけにはいきませんでした』
「煩わせる」を敬語で言い換えたいときは、「ご心配をお掛けします・ご迷惑をお掛けします」といった丁寧語+謙譲語の敬語表現を使用することができます。

相手に時間を割いてもらったり面倒を掛けたりする場合には、「お時間を頂戴します・ご面倒をお掛けします」などの敬語表現で言い換えることが可能です。


「煩わせる」の英語での言い換え

「煩わせる」という言葉を英語で言い換えると、“worry〜”“I cause worry”(〜に心配をお掛けする)や“I’ll take your time”(お手間をお掛けする・ご面倒をお掛けする)などになります。

例えば、“It took a lot of time, but thanks to that, the job was completed successfully”(お手間をお掛けしましたが、そのお陰で仕事が完璧に上手くいきました)のような英文で使うことができます。

まとめ

この記事では「煩わせる」の敬語表現やその使い方・使用例・英語について分かりやすく説明しました。

「煩わせる」の敬語表現は「ご心配をお掛けする・お手数をお掛けする・骨を折ってくださる」などになります。

「煩わせる」の敬語の使い方・使用例・英語について調べたい人は参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました