「先に行ってて」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「先に行ってて」の敬語表現とは?ビジネス用語

「先に行ってて」の敬語表現とは?

使い方や使用例などについて、徹底解説していきます。

「先に行ってて」の敬語での表現

これは、「先に行っていて」が口語表現になった言葉です。

「先に」は、何かよりも先行する様子を表しています。

そして「行ってて」「行っていて」という言葉が口語表現になったものなのです。

口語では、一部の言葉が発音しやすいように省略されます。

ここでは「い」が省略された形になっているのです。

なお、「行っていて」は、「行く」という行為を済ませておくような意味の表現になります。

また、これを敬語にする場合には、尊敬語を使う手段が考えられます。

たとえば、「先に行ってて」とするよりも、「先に行っていてください」にしたほうが、相手への敬意を感じる言葉遣いになるのです。


「先に行ってて」を敬語で言い換えた場合の使用例

たとえば、上司と一緒に出掛ける予定になっていたとします。

しかし上司は、先に立ち寄りたい場所があるとのことだったのです。

このような場合に、「それでしたら、先に行っていてください」と言うとよいでしょう。

これにより、「先に行ってて」という内容を、尊敬語で表現できるのです。

このように、敬語を用いることで、少し印象が変化します。

状況により、適切な敬語を選ぶとよいでしょう。


「先に行ってて」を敬語で言い換えた場合の使い方

この言葉を敬語にする時には、いくつかの方法が考えられます。

まず、「先に行っていてください」と言い換える方法があります。

この場合は、丁寧語を用いた敬語表現になるのです。

また、「先に行っていてほしいです」にする事もできます。

こちらは、丁寧語を用いた表現になるのです。

他にも、謙譲語を使って「先に行っていて頂きたい」と言い換える手段が考えられます。

まとめ

このように、「先に行っていて」が口語表現になったものとして、この言葉を使用できます。

そして、敬語を使うことにより、同等の内容であっても、色々な表現が可能になるのです。

実際の状況により、上手に使い分けるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました