「駄目ですか」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「駄目ですか」の敬語表現とは?ビジネス用語

何気なく使っている言葉が、会社だとアウトなこともあります。

「駄目ですか」の適切な敬語、その他の言い方について学んでいきましょう。

「駄目ですか」の敬語での表現

この場合の「駄目ですか」とは、してはいけない行為か確認を求めている表現です。

禁止されていることか、尋ねている時に使われています。

一方で「駄目ですか」は荒々しい言葉。

言い方によっては、トゲが浮き出て聞こえます。

穏便な言い方に直していくのなら「いけないでしょうか」「難しいでしょうか」そして「厳しいでしょうか」などの表現がふさわしいです。

「駄目でしょうか」もありますが、子供っぽく聞こえてしまうので注意しておきましょう。


「駄目ですか」を敬語で言い換えた場合の使用例

会社の規定に反しているのか、確認を取りたいこともあるものです。

企業のルールについて総務部の方とやり取りしている時に「〇〇の申請は現時点では難しいでしょうか」「〇〇の申請について、教えてください」という言い方ができます。

「難しいでしょうか」は可能性が低いけれども、相手に確認を取っておきたい時に使いやすい文言です。

このほか「駄目」という表現を使わずに「〇〇したいのですが、どのように思われますか」と言い直すこともできます。

自分の希望を伝えて、相手の判断を仰いでいる言い方になっています。


「駄目ですか」の尊敬語

目上の方に判断を求める時に使いやすいのが「ご判断いただきたく存じます」「ご判断くださいますよう、お願いいたします」です。

自分のリクエストをお伝えし、許可をもらいたい時に用いていきましょう。

「駄目ですか」の謙遜語

控えめにこちらの言い分をお伝えしたい時は「大変恐縮ではございますが」「誠に恐縮ですが」とひと言お伝えしてから、こちらの言い分をお伝えしていきます。

ひと呼吸置いてから伝えることで、冷静にこちらの意見を聞いてもらえるでしょう。

まとめ

「駄目ですか」について解説しました。

日常会話を敬語に正しく変換できるようになると、落ちついた対応が取れるようになります。

日々のビジネスマナーに活かしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました