「伝言伝える」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「伝言伝える」の敬語表現とは?ビジネス用語

身の回りにある言葉を、社会人らしく整えていきたいことがあります。

「伝言伝える」の丁寧なフレーズと、落ちついた表現を見ていきましょう。

言葉のスキルを鍛えてください。

「伝言伝える」の敬語での表現

ある方に別の方から預かったメッセージをお伝えするのが、伝言を伝える行為です。

組織で働いていると色々な人から伝言を預かることも多いので、さらに丁寧な表現が気になります。

「伝言を伝える」の落ちついた言い方は「〇〇様からご連絡がありました。

ご用件は下記の通りです。

よろしくお願いいたします」
です。

下記の部分に、相手のメッセージを書き加えておきます。

また「〇〇様から正午ごろ、ご連絡がありました」と時間を入れる方法も。

分かりやすく相手にお伝えできるよう、工夫しておきましょう。


「伝言伝える」を敬語で言い換えた場合の使用例

取引先の方から、部長宛てに電話があったと仮定します。

そのような場合は帰社した部長に口頭で「〇〇社の〇〇様から、お電話がありました」とお伝えし、伝言について書いてあるメモをお渡しします。

帰社にあわせてお伝えできない場合は、部長のデスクの上にメモを残しておくのもいいでしょう。

ちなみによその方から、伝言を頼まれた場合は「復唱させていただきます」といって預かったメッセージについて確認すると、間違いのないやり取りになります。

とくに込み入った用件の場合は、内容を整理して相手に確認してもらうといいでしょう。


「伝言伝える」の尊敬語

偉い方から伝言をあずかった場合は「かしこまりました。

申し伝えます」
とお答えします。

「申し伝える」は伝言をお伝えするという意味の敬語。

役立つフレーズなので、覚えておきましょう。

「伝言伝える」の謙遜語

控えめにお伝えしたい時は「確かに、お伝えさせていただきます」とお話します。

伝言を承った「自分の名前」を相手にお伝えしておくなど、信頼のおけるやり取りを目指していきましょう。

まとめ

「伝言伝える」にまつわる、丁寧なフレーズについて解説しました。

社会人らしい表現を心得ておくと、伝言を頼まれた時も落ちついた対応が取れます。

知識を磨いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました