「お見苦しいところをお見せしてすみません」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「お見苦しいところをお見せしてすみません」とは?ビジネス用語

「お見苦しいところをお見せしてすみません」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

「お見苦しいところをお見せしてすみません」とは?

「見苦しい」「みっともない」との意味で使用される言葉です。

これに接頭語の「お」を付け「お見苦しい」とすることで、丁寧な表現にしています。

また、「お見せする」「見せる」の尊敬語表現です。

これに「すみません」を付与することで謝罪の感情を口語的な表現で示しています。

これらのことから「みっともないところを見せてごめん」という意味を、丁寧な表現で言いかえたのが「お見苦しいところをお見せしてすみません」だと言えるのです。

「お見苦しいところをお見せしてすみません」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「お見苦しいところをお見せしてすみません」のビジネスでの使い方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが顧客と打ち合わせをしたとします。

しかし、その場であなたの会社から出た意見が食い違っており、相手に混乱を与えてしまいました。

このような場合には、会議の後で「本日は、お見苦しいところをお見せしてすみませんでした」と述べるとよいでしょう。

これにより、「みっともないところ」を丁寧な表現で言いかえできるのです。

この言葉を使用する場合は、使う相手に注意しましょう。

「すみません」は口語表現です。

そのため、カジュアルな言葉として使われるものなのです。

相手との関係によっては失礼になる可能性もあるので、悩んだ場合は「申し訳ございません」に言いけえるとよいでしょう。

「お見苦しいところをお見せしてすみません」を使った例文

ここでは「お見苦しいところをお見せしてすみません」を使った例文を挙げていきます。

・『お見苦しいところをお見せしてすみません』
・『大変お見苦しいところをお見せしてすみません』
・『お見苦しいところをお見せしてすみませんでした』

「お見苦しいところをお見せしてすみません」の類語や敬語での言いかえ

それでは「お見苦しいところをお見せしてすみません」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「お見苦しいところをお見せしてすみません」の類似表現

「お見苦しいところ」の類似表現には、「みっともないところ」「恥ずかしいところ」があります。

同じような使用方法で、同じような意味で使用できますので、試してみるとよいでしょう。

「お見苦しいところをお見せしてすみません」の敬語表現

「お見苦しいところをお見せしてすみません」を敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

たとえば「お見苦しいところをお見せして申し訳ございません」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「お見苦しいところをお見せしてすみません」は、「みっともない状態」を相手に詫びるためのフレーズです。

ビジネスでも使用する機会があるので、使い方をしっかりおぼえておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました