「連絡をもらう」の敬語表現とは?使い方や使用例など徹底解釈

「連絡をもらう」の敬語表現とは?ビジネス用語

「連絡をもらう」の敬語表現とは?

使い方や使用例などについて、徹底解説していきます。

「連絡をもらう」の敬語での表現

これは、相手から連絡を受ける場合に使用される言葉です。

「もらう」は、相手から何かを与えられる行為を示します。

ここでは、相手から与えられる対象物が、「連絡」ということになっているのです。

また、「連絡」「つながりをつけること」のような意味を持ちます。

これは、電話やメールを示して、使われることの多い言葉なのです。

なお、これを敬語にする場合には、丁寧語を使う方法が考えられます。

たとえば、「連絡をもらう」とするよりも、「連絡をもらいます」にしたほうが、丁寧な印象に聞こえるのです。


「連絡をもらう」を敬語で言い換えた場合の使用例

たとえば、ある顧客からの連絡を待っていたとします。

そして上司からは、まだ連絡がないのかと催促されたのでした。

このような場合に、「今週中に、先方から連絡をもらいます」と言うとよいでしょう。

これにより、連絡をもらうという内容を、丁寧な言葉で表現できるのです。

このように、敬語を用いることで、少し印象が変化します。

状況により、適切な敬語を選ぶとよいでしょう。


「連絡をもらう」を敬語で言い換えた場合の使い方

この言葉を敬語にする時には、いくつかの方法が考えられます。

まず、「連絡をもらいます」と言い換える方法があります。

ここでは丁寧語を使って、印象を変化させているのです。

また、「連絡をいだく」にすると謙譲表現に変化します。

このようにすると、自分をへりくだった形にして、相手への敬意を示す事ができるのです。

さらに、語尾に丁寧語の「ます」を加えて、「連絡をいただきます」と言い換える方法も考えられるのです。

まとめ

このように、相手から連絡を受ける場合に、この言葉を使用できます。

そして、敬語を使うことにより、同等の内容であっても、色々な表現が可能になるのです。

実際の状況により、上手に使い分けるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました