「非凡な人生」とは?使い方や言い換えや用例など徹底解釈

「非凡な人生」とは?ビジネス用語

世の中を見渡してみれば、誰よりも輝かしい生き方をしている人がいます。

それは「非凡な人生」と表現されることがありますが、この表現はちょっとの成功では使えないなど難しいところもあるようです。

非凡な人生の正しい用法などに迫ってみましょう。

「非凡な人生」とは?

人並み外れた才能や強運を発揮するなどで、結果的に成功したり周囲から称賛されるような生き様になっていることです。


「非凡な人生」の使い方や使われ方、使うときの注意点

スポーツや芸術やビジネスなど様々な業種には、優れた能力を発揮して成功を収め、称賛され続ける人生を送っている人々がいます。

そんな素晴らしい生き様を見せる人について「非凡な人生」と表現すのが適切です。

これを話し言葉などに使う場合は、「非凡な人生を目指して」などアドバイスを送ったり、非凡な人生を送っている自分や誰かについて説明するなどの用法に適しています。

ただし「非凡」は否定を表す「非」が付きますが、悪い意味がないことを理解している必要があります。

また非凡は並外れた才能や、天才の意味に近いので、ちょっとやそっとの才能や成功を表すには不向きです。

その場合は言い換えた方がよいでしょう。


「非凡な人生」を使った例文や文章

・『もっと努力を積み重ねて、非凡な人生にできたらいいですね』
・『とても非凡な人生を送っている人なのに、普段は地味で目立たない人でした』

「非凡な人生」の類語や言い替え

「輝かしい人生」は、光り輝いて見えるように素晴らしい生き方のことです。

「素晴らしい人生」は、他の人よりも優れ、褒め称えられる生き様を表します。

「バラ色の人生」は、幸福や喜びなどのポジティブな要素に満ちた生き方のことです。

「立派な生き様」は、完全と言って良いほどに優れて堂々している生き様を意味しています。

「順風満帆な生き様」は、追い風を受けて進むことや、物事が全て順調に運ぶ意味の四字熟語を用い、そのような人生であることを表した形です。

まとめ

人より段違いの才能を発揮するなどで成功し、称賛されるような生き様が「非凡な人生」です。

これを使ってアドバイスしたり、誰かを説明するなどに向いています。

しかし否定的意味がないことや、ちょっとの成功者には使えないなどの注意点がありました。

「バラ色の人生」などに言い換えることも、試してみて良いかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました