「無理です」とは?使い方や言い換えや用例など徹底解釈

「無理です」とは?ビジネス用語

自分にはできないと思った状況で使えるのが、「無理です」というフレーズです。

自分の不可能な状況を端的に伝えられますが、言葉にすると若干の問題も出てきます。

無理ですという言葉の使い方や問題点について、確認してみましょう。

「無理です」とは?

ある物事については自分が成しとげることが不可能だと、相手に伝える時の表現です。

「無理」は物事の筋道が立たなく、道理に反することを表します。


「無理です」の使い方や使われ方、使うときの注意点

見本と同じものを作ることが不可能だったり、スケジュールが厳しくて旅行できそうにない状況があるなど、自分には不可能なことを伝えたい場面があります。

そのような時に「無理です」と言って、できないという意志を伝えることが可能です。

これは物理的な問題があって不可能なことを表せるほか、実際にはできるけれど気持ち的に不可能である場合にも使われます。

この一言だけでも通じる表現ですが、具体的に「私が作るのは」などのように示すと、分かりやすくなるでしょう。

ただし相手に対してぶしつけに「無理です」というのは、冷淡な印象を与えることに気をつけてください。

より丁寧に言い表したり、別の言葉に言い替えてみることも考えてみましょう。


「無理です」を使った例文や文章

・『私が見本と同じものを作るのはぜったいに無理です』
・『すみませんが、来週の日曜日はどうしても無理ですので、別の日にお願いします』

「無理です」の類語や言い替え

「無理だと思います」は、自分に無理と考えていることを伝える時の表現です。

「無理かと存じます」は、思うの謙譲語「存じる」を用いて、無理と思うことをうやうやしく伝えています。

「無理なものは無理です」は、できないことはどう考えてもできないと、強調するための表現です。

「できかねます」は、できないことを丁寧に伝えています。

「いたしかねます」とすれば、ますます丁寧な印象です。

「不可能です」は、それを成し遂げることは可能ではないことを表します。

「できません」は、無理なことを伝えるカジュアルな言い方です。

まとめ

物事を成し遂げることが不可能なことを伝えるのが、「無理です」という表現なのでした。

物理的に不可能なほか、気持ち的に不可能である場合にも使うことができます。

しかし一言「無理です」としては、ぶしつけで冷淡な印象にもなるので気をつけてください。

より丁寧な表現に、言い替えてみるのも良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました