「ご連絡いただけるとありがたいです」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご連絡いただけるとありがたいです」とは?ビジネス用語

この記事では、「ご連絡いただけるとありがたいです」の意味を分かりやすく説明していきます。

「ご連絡いただけるとありがたいです」とは?意味

「ご連絡いただけるとありがたいです」は、「相手から是非連絡が欲しいとお願いする時の丁寧な表現」という意味です。

「ありがたい」「めったにないこと」から変化して「相手に感謝する」という意味、「相手から連絡がもられえばありがたく思います」になり、非常に相手を敬う表現です。

こちらからのお願いごとで相手の手をわずらわせると分かっていても、是非連絡が欲しい時に使われます。

ただし、文法的に「形容詞+です」は幼稚な表現というイメージがあります。

この場合は「ご連絡いただければありがたく存じます」に言い換えましょう。


「ご連絡いただければありがたく存じます」の成り立ち

「ご連絡いただければありがたく存じます」「ご連絡+いただければ+ありがたく+存じます」で成り立っています。

「ご」は相手の動作や状態を敬う接頭辞、または言葉を上品にする美化語、「連絡」「情報などを互いに知らせること」という意味、「いただければ」は動詞「もらう」の謙譲語「いただく」の連用形に、仮定の助詞「れば」が付いた連語、「ありがたく」「ありがたい」の連用形、「存じます」は動詞「思う」の謙譲語「存ずる」の丁寧表現です。

尊敬語と謙譲語、丁寧語が含まれていますので、目上の人に使えます。


「ご連絡いただければありがたく存じます」の言葉の使い方や使われ方

「ご連絡いただければありがたく存じます」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

『明日までにご連絡いただければありがたく存じます』

急ぎの用件でお願いごとをしていて、明日までに返事が欲しい時に使われます。

『発送時にご連絡いただければありがたく存じます』

商品を発送した時点で、相手に連絡してもらいたいと伝える時に使われます。

「ご連絡いただければありがたく存じます」の類語や言いかえ

「ご連絡いただければありがたく存じます」の類語や言いかえは以下の通りです。

「ご連絡いただけましたら幸いです」

「幸いです」「嬉しい」という意味、「連絡してもらえれば嬉しい」と相手を敬いながらお願いするニュアンスです。

「ご連絡賜れましたら幸甚に存じます」

「賜る」「目上の人から物をもらうこと」という意味、「幸甚」「この上もない幸せ」という意味で、これ以上ない程丁寧にお願いする表現です。

まとめ

今回は「ご連絡いただければありがたく存じます」について紹介しました。

「ご連絡いただければありがたく存じます」は、「相手に是非連絡が欲しいとお願いする時の丁寧な表現」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました