「書きましたので」とは?使い方や言い換えや用例など徹底解釈

「書きましたので」とは?ビジネス用語

ここでは「書きましたので」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「書きましたので」とは?

「書きましたので」は、何かを書いておいたと伝えるための表現です。

誰かに対して「希望者として私も名前を書きましたので、よろしくお願いします」などという使い方になり、この例では、何かを希望するために自分の名前を書いたと言っています。

「その見積書は私が書きましたので、何でも聞いてください」のように用いると、該当の見積書はこのように使った人が書いたので、聞きたいことがあれば何でも、という意味になり、「それは一昨日○○さんが書きましたので、昨日には見られる状態でした」といったように、いつ書いた、誰かが書いたという使い方をしても構いません。


「書きましたので」の使い方や使われ方、使うときの注意点

この「書きましたので」は、そうしたので、と続ける使い方になります。

「下書きを書きましたので、チェックをお願いします」のような使い方もよく見られ、書いたという行為から繋がることを後に続けて用います。

「誰も書いてくれないので仕方なく私が書きましたので、大したものでもありません」のように用いると謙遜の意を表すことができるため、自分がそれを書いたと使った時には、そうなので、間違っているかも知れないなどと続けることも多いです。

書いた内容については一切問わない表現なので、それはプログラムのソースコードのようなものでも構いません。


「書きましたので」を使った例文

・『気が向いた時に書きましたので、内容的に見直す部分が多々あります』
・『その部分は○○さんが書きましたので、間違っていないと思います』

「書きましたので」の類語や言い替え

・『描きましたので』
同音になりますが、こちらの「描きました」は、文章の類いではなく、絵やイラストなどをそうしたと用います。

「書きました」の方は、内容は前述のように問いませんが、文字に相当する何かに対して使われる表現なので、対象に応じてこちらと使い分けてください。

まとめ

「書きましたので」は、文字になる何かを書いたという意味で使われています。

日本語、英語などの言語を問わず、プログラムのコード類にもこのように用いることができ、そうしたので、と続けて使う表現になります。

タイトルとURLをコピーしました