「生まれ変わり」とは?使い方や言い換えや用例など徹底解釈

「生まれ変わり」とは?ビジネス用語

ここでは「生まれ変わり」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「生まれ変わり」とは?

「生まれ変わり」は、前に存在した何かにとても近いという解釈で用いられる表現です。

その対象に近い、よく似ているといった理由からそのように使われており、「この子は亡くなった妻の生まれ変わりのようだ」などといった用い方になります。

実際に生物が生まれ変わるといったことがあるとは思えないながら、あくまで比喩として、それほど近い、似ているということを表現するために使われていると考えてください。

尚、一部の宗教では誰が神のそれだなとど使われることがありますが、そちらについてはあくまでその世界の中だけの話なので、ここでは言及しません。


「生まれ変わり」の使い方や使われ方、使うときの注意点

この「生まれ変わり」は、生物以外を対象にして使うこともあります。

その場合、「新作になるこのソフトウェアは、以前の○○の生まれ変わりと言える存在だ」のように用いられており、この場合には、以前のソフトと似ているところが多く、それでいてパワーアップしているといった意味から使っていると考えていいでしょう。

生物以外に用いる場合にはこのように、以前の特徴などを引き継ぎながら進化したものだという使い方になることがほとんどで、「この車は、かつて名車と呼ばれた○○の生まれ変わりと言える存在です」のような営業トークもまま聞かれる用い方となっています。


「生まれ変わり」を使った例文

・『彼は往年の○○選手の生まれ変わりかのように大活躍している』
・『新作は○○生まれ変わりと言っていい出来になっていると期待してください』

「生まれ変わり」の類語や言い替え

・『再来』
この「再来」としても、よく似た意味になります。

「彼は○○の再来のような〜」といったように使う表現で、このような人物を対象にした用い方がよく見られます。

それ以外にも使うことができるので、「この製品は○○の再来と言える〜」などと用いても構いません。

まとめ

「生まれ変わり」は、以前の何かの存在にとても近いという意味で使われています。

人間を含む生物やそれ以外の製品などを対象に用いられており、それだけよく似ている、かつてのそれを彷彿とさせる(生物以外の場合には、それでいてパワーアップしている)といった解釈になります。

タイトルとURLをコピーしました