「急ぎではない」とは?使い方や言い換えや用例など徹底解釈

「急ぎではない」とは?ビジネス用語

「急ぎではない」とは?使い方や言い換えや用例などを徹底解説していきます。

「急ぎではない」とは?

これは、急ぐ事案ではないと伝える言葉です。

「急ぎ」「急ぐ」という動詞が名詞化された形になります。

つまり、「急ぐこと」「急ぐもの」などと同等の意味で、「急ぎ」という言葉を使用できるのです。

また、「急ぎではない」とすれば、対象となる事案が、急ぐような種類のものではないことを表します。

つまり、急ぐような必要がないことを、ここでは表現しているのです。

これらのことから、この言葉が急ぐ事案ではないと伝えるものだと分かるのです。


「急ぎではない」の使い方や使われ方、使うときの注意点

たとえば、先輩に上司からの伝言を伝えることにしたとします。

そしてその伝言の内容は、急ぐような事案ではないということだったのです。

このような時に、「この件は、特に急ぎではないとのことです」と述べるとよいでしょう。

これにより、急ぐ必要のないものであると、上手に伝えられるのです。

これを使う際は、「急ぎではない」の表現に注意しましょう。

これは、「急ぐようなものではない」「急ぐことではない」に変更できます。

また、「急ぎではありません」「急ぎではございません」と言い換える事もできるのです。

このように、同じような内容でも、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「急ぎではない」を使った例文や文章

適切な言葉を組み合わせることで、自然な使い方ができるようになるのです。

・『この件は、急ぎではないとおっしゃっていました』
・『先に依頼したものの、特に急ぎではないそうです』

「急ぎではない」の類語や言い替え

これに類似したものには、「急ぐものではない」「急ぐことではない」があります。

また、「急ぎではありません」「急ぎではございません」などに言い換える手段もあるのです。

まとめ

このように、急ぐ事案ではないと伝える場合に、この言葉を使用できます。

様々な場面で使える言葉になっていますので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました