「お手柔らかに」とは?使い方や言い換えや用例など徹底解釈

「お手柔らかに」とは?ビジネス用語

「お手柔らかに」とは?使い方や言い換えや用例などを徹底解説していきます。

「お手柔らかに」とは?

これは、手を抜いてほしいことを伝える言葉です。

「お手柔らかに」「手を抜いて」と同じような意味になります。

そしてこれは、相手に要求するような言葉遣いになっているのです。

たとえば、「お手柔らかにお願いします」などと同じような意味で、「お手柔らかに」と使用できます。

つまり、文末を明示的にしなくても、同じような意味を持つ言葉として使用できるのです。

たとえば、「今日は何卒お手柔らかに」と使用できます。

これらのことから、この言葉が手を抜いてほしいことを伝えるものだと分かるのです。


「お手柔らかに」の使い方や使われ方、使うときの注意点

たとえば、社内の有識者からレビューを受けることになったとします。

そしてその有識者は、指摘が厳しいことで有名だったのです。

このような時に、「何卒お手柔らかにお願いいたします」と述べるとよいでしょう。

これにより、手加減してほしいと思う気持ちを、上手に伝えられるのです。

これを使う際は、「お手柔らかに」の表現に注意しましょう。

これは、「手加減して」「手を抜いて」などが類似表現になります。

また、「お手柔らかにお願いします」「お手柔らかにお願いいたします」という形で、明示的な表現に置き換える事もできるのです。

このように、同じような内容でも、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「お手柔らかに」を使った例文や文章

適切な言葉を組み合わせることで、自然な使い方ができるようになるのです。

・『どうか、お手柔らかにお願いします』
・『この度は、お手柔らかにお願いできれば幸いです』

「お手柔らかに」の類語や言い替え

これに類似したものには、「手加減して」「手を抜いて」があります。

また、「お手柔らかにお願いします」「お手柔らかにお願いいたします」などに言い換える手段もあるのです。

まとめ

このように、手を抜いてほしいことを伝える場合に、この言葉を使用できます。

様々な場面で使える言葉になっていますので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました