「本日付」の敬語での使い方とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「本日付」の敬語での使い方とは?ビジネス用語

「本日付」の敬語とは?

この言葉を使う場合のビジネス敬語や言い換えなどについて徹底解釈します。

「本日付」の意味

これは、何かが今日をもって有効になるような状況で使用される言葉です。

「本日」は、「今該当している日」を意味します。

つまり、「今日」と同じ意味で「本日」を使用できるのです。

また、これを「本日付」とすれば「ほんじつづけ」と読む言葉になります。

これは、「本日」というタイミングをもって、何かが有効になる様子を表現したものなのです。

たとえば、「本日付で異動になりました」という形で使用します。

これにより、異動の効力が有効になるタイミングが今日であることを、上手に表現できるのです。

これらのことから、「本日付」が、何かが今日をもって有効になるような状況で使用される言葉であると分かるのです。


「本日付」の敬語での使い方や表現方法

この言葉を単独で敬語にはできません。

これを敬語にする場合は、「本日付で退職します」のように、組み合わせる言葉で工夫する必要があるのです。

なお、この場合は丁寧語の「します」を使った敬語表現の形になるのです。

たとえば、会社を辞めることになったとします。

そして最終日に、そのことを伝えることにしたのです。

このような場面で、「私は、本日付で退職します」と言うとよいでしょう。

これによって、退職が今日をもって有効になることを、上手に伝達できるのです。

また、これを別な表現にする事もできます。

たとえば「本日付で退職いたします」で謙譲語になります。

また、「本日付で退職なさいました」とすれば尊敬語の表現になるのです。

このように、単独では敬語にできなくても、敬語表現を作り出す手段があると分かります。

組み合わせる言葉を工夫すれば、色々な表現を作り出す事ができるのです。

実際の状況に応じて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「本日付」の言い換えや使用例

・『本日付で退職します』
・『本日付で退職いたします』
・『本日付で退職なさいました』
ここでは使用例をいくつか挙げています。

例文のように、適した言葉を組み合わせると、自然な使い方ができるようになります。

また、「本日付」に組み合わせる言葉を工夫すると、それぞれ違う印象の表現として活用できるのです。

まとめ

このように、何かが今日をもって有効になるような状況で、この言葉を使用できると分かります。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました