「本日中に発送させていただきます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「本日中に発送させていただきます」とは?ビジネス用語

この記事では、ビジネスシーンでよく使われるフレーズの「本日中に発送させていただきます」について、その意味や使い方や敬語表現を徹底解説します。

「本日中に発送させていただきます」とは?

「本日中に発送させていただきます」における「本日中に」は、「今日中に」との意味で、相手の方とやり取りしている「その日中に」との意味です。

また次の「発送」とは「荷物や郵便物などを送り出すこと」を意味します。

そして最後の「させていただきます」「させてもらう」の謙譲語の「させていただく」に丁寧語の「ます」が付けられた表現です。

したがって、「本日中に発送させていただきます」とは「今日中に送り出させてもらう」との意味の丁寧な敬語表現となります。


「本日中に発送させていただきます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「本日中に発送させていただきます」のフレーズで使われている「させていただく」は、間違い表現だとの考え方もありますが、相手の方の許可を得て行う行為で、かつそれを行うことで自分自身が恩恵を受ける場合には使っても問題ないとされる表現です。

「本日中に発送させていただきます」においては、相手の方の要請に応えて発送し、また発送するものが商品なら売上が得られ、要望された資料等なら相手の方の要望に応えることで信頼が得られます。

したがって、このフレーズでは「させていただく」を使える条件を満たしており、使っても問題ないと言えます。

また、ここで「本日中に」としているのは、あくまで「発送」タイミングであり、これを聞いた受け取る方の手元にいつ届くは輸送手段等により違って来ます。

この点は間違いなく理解する必要があり、標準的に到着がいつになるか、必要なら確認することが肝要と言えます。


「本日中に発送させていただきます」を使った例文

・『本日中に発送させていただきます。到着は通常平均で2日後となります』
・『品不足でご迷惑をお掛けしています。本日午前中に入荷予定ですので、そちらへは本日中に発送させていただきます』

「本日中に発送させていただきます」の類語や言い換え

「本日中に」の類語には「今日中に」が、また「発送」の類語には「出荷」「送る」が挙げられます。

したがって、類語を組み合わせて「本日中に発送させていただきます」「本日中に出荷させていただきます」「今日中に送らせていただきます」等と言い換えることが出来ます。

また、敬語表現を換えて、「本日中に発送いたします」と言い換えることも可能です。

まとめ

「本日中に発送させていただきます」とは「今日中に送り出させてもらう」との意味の丁寧な敬語表現です。

タイトルとURLをコピーしました