「本メールと行き違いで」の敬語での使い方とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「本メールと行き違いで」の敬語での使い方とは?ビジネス用語

「本メールと行き違いで」の敬語とは?

この言葉を使う場合のビジネス敬語や言い換えなどについて徹底解釈します。

「本メールと行き違いで」の意味

これは、メールしたタイミングで何らかの行為を実施済の可能性がある場合に使用される言葉です。

「本メール」「当メール」「このメール」と同じ意味を持ちます。

また、「行き違い」とは、互いの行為が噛み合わないような状況を表します。

ここでは、メールで依頼した行為について、相手が既に実施済であるような場合を想定して「行き違い」と表現しているのです。

たとえば、対応を依頼するようなメールの場合、相手がメールを見たタイミングで実施済になっている可能性があります。

これは、メールがリアルタイムなコミュニケーション手段ではないために生じる状況なのです。

これらのことから、この言葉がメールしたタイミングで何らかの行為を実施済の可能性がある場合に使用されるものであると分かるのです。


「本メールと行き違いで」の敬語での使い方や表現方法

この言葉を敬語にすると、「本メールと行き違いでしたら」のように表現できます。

この場合は、丁寧語の「です」を用いた敬語表現の形になるのです。

たとえば、ある人物に催促したとします。

しかし、相手が既に対応済の可能性もあったのでした。

このような場面で、「本メールと行き違いでしたらご容赦ください」と言うとよいでしょう。

これによって、相手が対応済の状況を仮定して、上手に催促する事ができるのです。

また、これを別な表現にする事もできます。

たとえば「本メールと行き違いでございましたら」と表現できます。

また、「本メールと行き違いになりましたら」などに置き換える方法もあるのです。

このように、「本メールと行き違いで」という言葉を、色々な形に言い換える事ができます。

同じような意味でも、複数の手段で表現できるのです。

実際の状況に応じて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「本メールと行き違いで」の言い換えや使用例

・『本メールと行き違いでしたらご容赦ください』
・『本メールと行き違いでございましたら容赦いただきたい』
・『本メールと行き違いになりましたらお許しください』
ここでは使用例をいくつか挙げています。

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を組み合わせるとよいでしょう。

まとめ

このように、メールしたタイミングで何らかの行為を実施済の可能性がある場合に、この言葉を使用できると分かります。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました