「平に伏してお願い申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「平に伏してお願い申し上げます」とは?ビジネス用語

ここでは「平に伏してお願い申し上げます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「平に伏してお願い申し上げます」とは?

「平に伏してお願い申し上げます」は、強く何かのお願いを聞いて欲しいという意味で使われる表現です。

大変申し訳ないことをしたため、それを許してもらいたいと使われることが多く、この「平に伏して」は、地面両手をついて平伏する様子を表しているため、そこまで下から使っていることが分かります。

つまり、どうしてもそれを聞いてもらいたいからこそ用いる表現なのと同時に、使う相手もある程度選ばないといけません。

よって、ビジネスシーンで付き合いのある他社の担当者にこのように使うのは少し仰々しく、相手としてもそこまで下から使われると、さすがに戸惑ってしまうことがあります。

そのため、自分より目上の人や立場が少し離れた上の相手に対して使われる場合が多く、それでも簡単に用いるような表現ではないため、ここぞという時にこそ使うものです。


「平に伏してお願い申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「平に伏してお願い申し上げます」は、口語向けではない表現なので、文章で使われています。

「二度とこのようなことがありませんよう厳重に注意いたしますので、どうぞご容赦のほど平に伏してお願い申し上げます」といったような本当に申し訳ないという使い方になることが多く、「こちらの都合により、納期が短くなりましたことへのご理解のほど平に伏してお願い申し上げます」などと、一方的な都合を押し付けてしまうことへのお詫びとしても用いられます。

「平に」をとった「伏してお願い申し上げます」という使い方をすることもでき、この時にはそれをつけた時より少し表現的に弱くなるものの、それでも丁寧に下から用いることになります。

少し変わった使い方として、他社への挨拶文の中で使うこともでき、その時には定型的な使い方になるので、そこまで下からという意味になることはありません。


「平に伏してお願い申し上げます」を使った例文

・『そのようになりますので、どうぞご了承のほど平に伏してお願い申し上げます』
・『今後ともご愛顧のほど、平に伏してお願い申し上げます』

「平に伏してお願い申し上げます」の類語や言い替え

・『何卒よろしくお願いいたします』
こちらの表現も、くれぐれもそれをお願いしたいという時に使われます。

この「何卒」「どうにか」という意味になる言葉で、どうにかしてくださいと切にお願いしている表現になり、「平に伏して〜」と同様に、その相手にどうしてもそれを聞いて欲しいと使われていますが、お詫びになる使い方をすることはそれほど多くありません。

まとめ

「平に伏してお願い申し上げます」は、強くそのお願いごとを聞いて欲しいと相手に伝えることになる表現です。

かなり丁寧に下からの使うことになるため、ビジネスシーンでの他社や立場が大きく上になる相手に用いる場合が多く、口語向きではないため文章で使われています。

タイトルとURLをコピーしました