「付随して」の敬語での使い方とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「付随して」の敬語での使い方とは?ビジネス用語

「付随して」の敬語とは?

この言葉を使う場合のビジネス敬語や言い換えなどについて徹底解釈します。

「付随して」の意味

これは、メインとなる事柄に従属するような様子を言い表した言葉です。

「附随して」「附随する」という言葉の語尾が変形したものです。

このようにすると、他の言葉と組み合わせやすい形になります。

また、「附随」「メインとなる事柄に従属すること」という意味を持ちます。

これは名詞のため、動作を表すために「附随する」という表現にしているのです。

これらのことから、「付随して」が、メインとなる事柄に従属するような様子を言い表した言葉であると分かるのです。


「付随して」の敬語での使い方や表現方法

この言葉を敬語にすると、「附随しまして」と表現する事ができます。

ここでは、丁寧語の「ます」を組み合わせた敬語表現にしているのです。

たとえば、ある大きな問題が発生したとします。

すると、今まで表に出てこなかった細かな問題も、徐々に発生し始めていたのでした。

このような場面で、「今回の件に付随しまして、他の問題も発生し始めております」と言うとよいでしょう。

これによって、メインとなる事柄に従属する形で発生しているような様子を、上手に表現できるのです。

また、これを別な表現にする事もできます。

たとえば「附随いたしまして」で謙譲語になります。

さらに、「附随さなさいまして」は尊敬語になるのです。

また、「附随いたす」「附随なさる」のように、丁寧語を組み合わせない形で使用する方法もあるのです。

他にも、「従属して」などの類似表現を使って置き換えてみてもよいでしょう。

このように、同じような意味でも、色々な形に言い換える事ができると分かります。

実際の状況に応じて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「付随して」の言い換えや使用例

・『今回の件に付随して他の問題も発生しております』
・『このサービスに付随しまして様々な恩恵を受けられます』
・『今回の契約に付随いたしまして別な契約も用意しました』
ここでは使用例をいくつか挙げています。

例文のように、前後に言葉を付け加える事で、自然で分かりやすい表現を作り出せます。

また、「付随して」を少し変化させれば、それぞれ違う印象の表現として活用できるのです。

まとめ

このように、メインとなる事柄に従属するような様子を言い表す場合に、この言葉を使用できると分かります。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました