「ご厚意感謝いたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご厚意感謝いたします」とは?ビジネス用語

こちらの記事では、ビジネスシーンでも使われている「ご厚意感謝いたします」の言葉の意味や使い方に関して、解説いたします。

「ご厚意感謝いたします」とは?意味

ご厚意感謝いたしますは、ごこういかんしゃいたします、と読むのが正解な言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事でしょうが、他者からの思いやりの心等の意味を持っているご厚意の文字に、感謝するを丁寧に表現した感謝いたしますの文字を付け足す事によって成立した言葉となっています。

以上の事からご厚意感謝いたしますは、気遣いがとても有り難いです、という意味を示すのです。


「ご厚意感謝いたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ご厚意感謝いたしますは、あなたの思いやりに感謝しています、という意味を持つ言葉として使われています。

要するに手助けしたり良くしてくれた相手に対し、感謝の意を表す言葉として用いられているのです。

とはいえ厚意ではなく、わざわざご厚意という丁寧な言い回しの言葉が駆使されているのを見れば直ぐに分かる様に、気遣いや敬いが必要な相手に対して、使用する言葉となっています。

そのためビジネス上では、部下の様に明らかに立場が下の人間に使うと、丁寧過ぎて不自然になってしまうのです。

故に上司や取引相手といった、気遣うべき立場が上の人物に対して、利用する言葉となっています。


「ご厚意感謝いたします」を使った例文

・『先日は、分かり易い資料をわざわざ送って頂き、とても助かりました。ご厚意感謝いたします』

「ご厚意感謝いたします」の返答や返信

ご厚意感謝いたしますは、助力したり親切にしてくれた相手に、礼を述べる際に用いるべき言葉です。

ただしご厚意や、いたしますという丁寧さのある表現が使われている事から、この言葉は気遣いが必要な目上の人物に対して使用する言葉となっています。

逆に言うとこの言葉に返答や返信を行うのは、相手よりも上の立場の人物であると言えるのです。

だからこそご厚意感謝いたしますの返答や返信例としては、どういたしましてや、お気になさらずに、といった言葉を想定する事が出来ます。

まとめ

ご厚意感謝いたしますは、親切にしてくれてありがとう、という意味を表す言葉です。

もっとも随所に丁寧な言い回しが駆使されている事から、その様にお礼を言うのは、敬いや気遣いが必要な相手である事が分かります。

なのでビジネスシーンにおいては、部下の様に明確に立場が下と言える人物に対して使用すると、大袈裟過ぎる表現となるのです。

このご厚意感謝いたしますの言葉は、取引相手や上司といった、気遣いが必要な立場が上の人物に対して使うべき言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました