「ご意見を賜りありがとうございます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご意見を賜りありがとうございます」とは?ビジネス用語

「ご意見を賜りありがとうございます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「ご意見を賜りありがとうございます」とは?

これは、意見をもらったことに対して感謝を伝える言葉です。

「意見」「考えを述べること」を意味します。

これは、「考え」そのものを示す意味でも使用される言葉なのです。

また、ここでは「ご意見を賜り」という形の謙譲表現にしています。

「賜り」「もらい」の意味を持ち、相手への敬意を表すものになっているのです。

さらに「ありがとうございます」は丁寧な言葉遣いで相手に感謝を示すものになっています。

これらのことから、「ご意見を賜りありがとうございます」が、意見をもらったことに対して感謝を伝える言葉であると分かるのです。


「ご意見を賜りありがとうございます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

ビジネスでこの言葉を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある会議で議論していたとします。

すると参加者から、あなたの会社に対する有益な意見が出されたのでした。

このような場合には、「本日は、貴重なご意見を賜りありがとうございます」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手から意見をもらったことに対して、感謝の気持ちを表明できるのです。

この言葉を使用する際には、「ご意見を賜り」の使い方に注意しましょう。

これは「ご意見を頂戴し」と言い換えて使用できます。

また、「ご意見をいただき」「ご意見いただき」に言い換えても良いでしょう。

このように、同じような意味でも語尾を変化させてアレンジできると分かります。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「ご意見を賜りありがとうございます」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げます。

例文のように、前段に少し言葉を付け加えると、それぞれ違う印象の表現を作り出せるのです。

・『本日はご意見を賜りありがとうございます』
・『貴重なご意見を賜りありがとうございます』
・『有益なご意見を賜りありがとうございます』

「ご意見を賜りありがとうございます」の類語と敬語での言いかえ

「ご意見を賜りありがとうございます」の類語と敬語を解説していきます。

「ご意見を賜りありがとうございます」の類似表現

この言葉の類似表現には、「ご意見を頂戴しありがとうございます」があります。

「賜り」「頂戴し」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「ご意見を賜りありがとうございます」の敬語表現

この言葉を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ご意見を賜りましたことに感謝申し上げます」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご意見を賜りありがとうございます」は、意見をもらったことに対して感謝を伝える言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました