「ご案内させていただければと存じます」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「ご案内させていただければと存じます」の敬語とは?ビジネス用語

「ご案内させていただければと存じます」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「ご案内させていただければと存じます」の意味

これは、相手を案内したいと思っている状況で使用できる言葉です。

「案内」は、「自分が知っていることを相手に伝えること」の意味を持ちます。

これを「ご案内させていただく」とすれば、「案内させてもらう」を謙譲語に言い換えたものになるのです。

なおここでの接頭語は冗長であり、「案内させていただく」と言い換えるとよいでしょう。

さらに「いただく」「いただければ」にすれば、仮定表現になります。

そして「存じます」「思います」を謙譲語にしたものなのです。

ここでは語尾を「ます」にして、丁寧な言葉遣いで文末を終えています。

これらのことから、「ご案内させていただければと存じます」が、相手を案内したいと思っている状況で使用できる言葉であると分かるのです。


「ご案内させていただければと存じます」の敬語での使い方や表現方法

この言葉は既に敬語になっています。

ここでは、謙譲語の「いただく」「存じます」を用いているのです。

たとえば、ある顧客が来社することになったとします。

そのため、周辺の地域を案内したいと考えたのです。

このような場面で、「もしよろしければ、周辺地域をご案内させていただければと存じます」と言うとよいでしょう。

これによって、案内したいと思っていることを、上手に表現できるのです。

また、「ご案内させていただければと存じます」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「案内させてもらえればと思います」とすると、謙譲語を除外した表現になります。

また、「ご案内いたしたく」「案内できれば」などの類似表現を使用してもよいでしょう。

また、「案内させていただければ幸いです」のように、語尾を変化させる方法もあるのです。

このように、この言葉を使って色々な形の表現を生み出せると分かります。

同じような意味でも、言葉の選び方次第で印象の異なる表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「ご案内させていただければと存じます」の言い換えや使用例

・『ご案内させていただければと存じます』
・『ご案内させてもらえたらと思います』
・『ご案内させてもらえましたら幸いです』
ここでは使用例を挙げています。

例文のように、敬語を別な形に言い換えると、異なる印象の表現を作り出せるのです。

まとめ

このように「ご案内させていただければと存じます」は、相手を案内したいと思っている状況で使用できる言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました