「ご心配とご迷惑をおかけしました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご心配とご迷惑をおかけしました」とは?ビジネス用語

この記事では「ご心配とご迷惑をおかけしました」について解説をします。

「ご心配とご迷惑をおかけしました」とは?意味

気がかりにさせたり、不利益を与えたりした、といった意味です。

「ご心配」「心配」を敬意を示す表現にしたものです。

「心配」には、これから先のことを気にして心を悩ます、気がかりという意味があります。

「ご」をつけると、心配する人を敬った表現になります。

「ご迷惑」「迷惑」を敬意を示す表現にしたものです。

「迷惑」には、ある行為によって他人が不利益を受けたり、不快になることという意味があります。

「ご」をつけることで、迷惑を受ける人を敬った表現になります。

「おかけ」は、「かける」を相手を敬う表現にしたものです。

「かける」には、他人に不都合などを与えるという意味があります。

「かける」を連用形にすると「かけ」です。

動詞の連用形に「お」をつけて、その下に「する」を続けた形で、謙譲の意を表します。


「ご心配とご迷惑をおかけしました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、心配と迷惑を同時に与えたときに用います。

たとえば、Aさんが怪我をして入院をすることになったとします。

身近な人たちは、大丈夫だろうかと心配することでしょう。

入院をするほどの大きな怪我の場合、これから先のことが気になってしまいます。

また、入院をすれば職場にでてこられなくなるので、同じ職場の人たちの負担が増え、迷惑をかける可能性があります。

怪我をして入院したことで、心配と迷惑を同時に与えています。

このような場面で用いるものです。

あるていど大丈夫な状態になったときにこのような表現をします。

今非常に心配な状態のときは、「おかけしました」ではなく「おかけしています」のような言い方になります。


「ご心配とご迷惑をおかけしました」を使った例文

・『ご心配とご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした』

「ご心配とご迷惑をおかけしました」の返答や返信

あるていど安心できるような状態になっているはずです。

ほっとしたようならば、「無事でよかった」「安心した」など自分の気持ちを伝えるとよいでしょう。

心配をしているとき、怒ってしまう人がいます。

しかし、せっかく無事でいるのだから、なるべくなら叱らずにいたいものです。

この言葉を伝えている人が体調不良を起こしていた場合、無理なことをさせると体の負担になります。

今後の仕事の進め方を考えましょう。

まとめ

この言葉は、心配と迷惑を同時に与えていたときに用いるものです。

あるていど問題ない状態になったときには、大丈夫であることを伝えて安心させましょう。

タイトルとURLをコピーしました