「お申し付けください」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「お申し付けください」の敬語とは?ビジネス用語

「お申し付けください」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネスにおける敬語や言い換えなどを解説していきます。

「お申し付けください」の意味

「お申し付けください」は、何かを命じてもらいたい場面で使用できる言葉です。

「申し付ける」「命じる」と言う意味を持ちます。

ここでは謙譲語の「申す」を用いることで、敬語の形になっています。

また、「申し付ける」「お申し付けください」にすると尊敬語の表現になります。

「ください」「くれ」を意味しており、相手に行為を要求する目的で使用できるのです。

相手に何かしてほしい場合に、「ください」という言葉を使います。

このことから、お申し付けください」が、何かを命じてもらいたい場面で使用できる言葉だと分かるのです。


「お申し付けください」の敬語での使い方や表現方法

「お申し付けください」は既に敬語だと言えます。

これは、尊敬語の「ください」を使ったものになっているのです。

たとえば、上司と一緒に仕事することになったとします。

そしてその仕事では、上司からの指示に従う事にしたのです。

このような時に、「何かありましたら、遠慮なくお申し付けください」と述べるとよいでしょう。

これによって、命令してほしいと思っていることを、上手に伝えられます。

また、「お申し付けください」を別な表現にしてもよいでしょう。

たとえば「お申しつけいただきたいは謙譲語です。

これを「申し付けてください」「申し付けていただきたい」に言い換える方法もあります。

さらに、「命令してください」「ご命令ください」と言い換えたり、「命じてください」にしてもよいのです。

このように、「お申しつけください」という言葉を、様々な形で表現できると分かります。

言葉の選び方次第で印象が異なるものになるのです。

実際の状況に合わせて、適切なものを選ぶとよいでしょう。


「お申し付けください」の言い換えや使用例

・『遠慮なくお申し付けください』
・『なんでも申し付けてください』
・『必要に応じてお申し付けいただきたい』
ここでは使用例を挙げています。

前段に一言付け加えると、自然な印象になります。

また、「お申し付けください」を変化させれば、印象の異なる表現にできるのです。

まとめ

このように「お申し付けください」は、何かを命じてもらいたい場面で使用できる言葉だと言えます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました