「お教え願えないでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お教え願えないでしょうか」とは?ビジネス用語

この記事では、ビジネスシーンでよく使われる「お教え願えないでしょうか」のフレーズについて、その意味や使い方等を徹底解説します。

「お教え願えないでしょうか」とは?

「お教え願えないでしょうか」のフレーズを言葉毎に分解して、少し詳しく説明します。

まず最初の「お教え」「相手が知らない知識や技術などを告げ知らせること」を意味する「教え」に敬意を表す接頭辞の「お」が付けられた言葉です。

次の「願えないでしょうか」「願えない」との否定文を疑問形にした表現です。

したがって、「お教え願えないでしょうか」のフレーズは、「教えてもらえないか」との意味の丁寧な敬語表現となります。


「お教え願えないでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「お教え願えないでしょうか」は、先に記したとおり、「教えてもらえないか」と相手の人に「教えてほしい」とお願いする表現です。

このフレーズでは、否定文の疑問形を使っていますが、単なる疑問形の表現として「お教え願えますでしょうか」の表現に言い換えることも出来ます。

これらの表現は少し冗長的な表現で、口頭で使われることは少なく、ビジネスメール等の文書での書き言葉として、よく使われます。

冗長的な表現が気になる場合は、否定文の疑問形なら「お教え願えませんか」、単なる疑問形表現なら「お教え願えますか」と言い換えることが出来ます。

丁寧さは少し低くなりますが、スッキリとした表現になります。

したがって、目上の人でも普段から付き合いの深い上司の方や取引先の同年代の方等には、こちらのフレーズを使う方が良いと言えるかも知れません。


「お教え願えないでしょうか」を使った例文

・『A社の購買のキーマンをお教え願えないでしょうか』
・『弊社の新製品の使い心地等の感想を、お教え願えないでしょうか』
・『新しいシステムの使い勝手の悪い点を、今後の改善の参考にお教え願えないでしょうか』

「お教え願えないでしょうか」の類語や言い換え

「お教え」の類語としては「ご教示」「ご教授」があり、「ご教示願えないでしょうか」「ご教授願えないでしょうか」と言い換えることが出来ます。

また、敬語表現の部分を、先に記した少し簡潔にした表現の他、「お教えいただけませんか」「お教えくださいませんか」と言い換えることも可能です。

まとめ

「お教え願えないでしょうか」のフレーズは、「教えてもらえないか」との意味の丁寧な敬語表現です。

このフレーズは、否定文を疑問形にしたものですが、単なる疑問形の表現に言い換えれば、「お教え願えますでしょうか」となり、両フレーズの意味や敬意の高さは同じです。

タイトルとURLをコピーしました