「確認して折り返します」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「確認して折り返します」とは?ビジネス用語

この記事では「確認して折り返します」について解説をします。

「確認して折り返します」とは?意味

確かめてから返事をします、という意味です。

「確認」には、ある事柄を調べたり人に尋ねたりしてはっきりさせること、はっきりと認めることという意味があります。

「折り返し」は、手紙やメールなどに対して、あまり時間をおかずに返事をするさまを表します。

あまり時間をおかずにとは、具体的に何分、何時間のことをいうのか定義はありません。

「ます」は敬意を表す語です。


「確認して折り返します」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、確認をした後に話し手側からメールや電話ななどをする際に用います。

担当者が不在のときや、確認をしないとわからない事柄を尋ねられたときなどに用いることが多いです。

確認しなければならない事柄がある場合、その確認がいつ終わるかわかりません。

調べてすぐにわかる事柄もあれば、時間がかかる事柄もあります。

また、担当者が不在の場合は、担当者がいつ戻ってくるかによって、返事ができるまでにかかる時間が変わってきます。

いつになるかわからない事柄なので、相手に再度連絡をしてもらうよりも、こちらから連絡をする方が望ましいです。

確認作業に時間がかかってしまった場合は、「お待たせして申し訳ありません」など謝罪をします。

待たせるとあらかじめわかっている場合は、時間がかかる旨を伝えておくとよいでしょう。

あらかじめ時間がかかるとわかっていると、安心して待っていることができます。

また、電話をする場合は相手の都合がよい時間帯を選ぶようにしましょう。

始業直後や終業後などは避けるようにします。


「確認して折り返します」を使った例文

・『恐れ入りますが、すぐにはお答えできない事柄なので、確認して折り返します』

「確認して折り返します」の返答や返信

後でメールや電話をしてくれるようなので、待っていましょう。

この言葉に対しては「お願いします」「わかりました」などの返答をします。

こちらから電話やメールをする必要はありません。

確認しなければわからない事柄で、その確認がいつ終わるかわかりません。

まだ確認が終わっていない時点で電話やメールをすれば、その対応への手間をとらせてしまいます。

そのため、相手からの連絡がくるのを待っていましょう。

連絡をもらったときには、確認をしてくれたことや連絡をくれたことにお礼を伝えます。

まとめ

この言葉は、話し手側から連絡をするときに用います。

確認作業が必要なときには、相手に再度連絡をしてもらうのではなく、確認を終えてからこちらから連絡をするのが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました