「ご質問の件について」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご質問の件について」とは?ビジネス用語

この記事では「ご質問の件について」について解説をします。

「ご質問の件について」とは?意味

質問をしてくれた事柄について、という意味です。

「ご質問」「質問」をその行為をする人を敬った言い方にしたものです。

他人の行為を表す語に「ご」をつけると、その行為をする人を敬った言い方になります。

この場合は、質問をした人を敬っています。

「件」は事柄という意味です。

「について」は、ある事柄に関してその範囲を限定するさまを表します。


「ご質問の件について」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、質問への回答をする際に用います。

質問に答えられる場合も、はっきりとした答えを伝えられない場合も用いることができます。

問い合わせをもらったとします。

それへの回答をメールで行うことにしました。

その際に、この言葉をメールの文章の最初で用います。

そして、回答できる事柄であればこの後に回答内容を伝えます。

会話でも使うことができます。

企業秘密であったり、質問への答えがわからなかったりする場合は、質問に答えられません。

そのときにもこの言葉を用います。

後には「答えられない」という意の言葉が続きます。

なぜ答えられないのか理由を伝えないと、隠したいことがあるのではないかと疑われてしまったり、不満を抱かせたりします。

質問者に不満を抱かせないために、誠実な対応をするように心がけましょう。

「答えられない」という言い方ではなく、「控えさせていただきます」など「ない」を使用しない表現の方が、印象がよくなります。

また、質問への返信は休業日を除いて翌日には行うことが望ましいです。

遅い対応では不満を抱かせてしまいます。


「ご質問の件について」を使った例文

・『ご質問の件について回答いたします』

「ご質問の件について」の返答や返信

この後に回答内容が伝えられるはずなので、その内容を読んだり聞いたりします。

回答してくれたことへは、お礼を伝えます。

回答をもらったけれど、まだ疑問点が残っている場合は、さらに質問をしてみるとよいでしょう。

回答できないと返事をもらうこともあります。

企業秘密なので教えられないなど、何らかの事情があるのでしょう。

どうしても回答を得たいからとしつこく尋ねると、相手に迷惑をかけます。

なぜ答えられないのか尋ねれば、その理由を教えてくれるかもしれません。

まとめ

この言葉は、質問を受けた事柄について何かを述べるときに使用をします。

回答を伝えたり、回答できないと伝えたりする際に用いるものです。

対応の仕方で相手に与える印象が変わるので、丁寧な対応を心がけることが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました