「お変わりありませんか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お変わりありませんか」とは?ビジネス用語

こちらの記事では、ビジネスシーンでも見聞きする事がある「お変わりありませんか」の言葉の意味や用途に関して、説明致します。

「お変わりありませんか」とは?意味

お変わりありませんかは、おかわりありませんかと読むべき言葉です。

文字で記されたこの言葉を目にすれば理解出来る事でしょうが、通常とは違う事柄という意味を持つ変わりの文字の前に、おを付けて丁寧に表現したお変わりの文字に、なにかがあるか否かという意味を有する、ありませんかの文字を付け足す事で成立した言葉となっています。

以上の事からお変わりありませんかは、いつもと変わりはないか、という意味を示すのです。


「お変わりありませんか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

お変わりありませんかは、通常と違う事はないか、といった意味合いを持つ言葉となっています。

ただし変わりではなく、お変わりという丁寧な言い回しを使っている事から分かる様に、相手に気遣いを見せつつ、何らかの健康面や生活に変化がないかを訊ねる意味を持っているのです。

しかも変化を訊ねる事から分かる様に、以前の状態を知っている人物に対して使うべき言葉で、基本的には顔馴染みではあるものの、疎遠になっている相手に駆使する言葉となっています。

ただしお変わり、という丁寧さのある出だしを見れば分かる様に、ビジネス上では明確に目下の人物に使うには、少し仰々しい言い回しの言葉です。


「お変わりありませんか」を使った例文

・『随分ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか』

「お変わりありませんか」の返答や返信

お変わりありませんかは、疎遠だった人物に久し振りに会ったり連絡を取った際に、近況を訊ねる目的で用いられる言葉となっています。

もっとも、ネガティブな方向に変化していないか、という気遣いの意味が込められている事が少なくありません。

なのでこの言葉を使うのは、気遣いが必要となる相手なので、ビジネスシーンでは同格以上の立場の人物という事になります。

なのでこの言葉に返答や返信を行うのは、相手よりも少なくとも立場が下ではない人間となるのです。

更に疎遠であったという意味も入っているので、返答や返信例として、ご無沙汰してすみませんと詫びた後、元気にしていますや、何らかの変化があった事を伝えるというのが例として挙げられます。

まとめ

お変わりありませんかは、変化した事はないか、という意味の言葉です。

具体的には、顔見知りであるけど疎遠の相手と久し振りに顔を合わせたり、メール等で連絡を取る際に駆使する言葉となっています。

要するに、生活環境や健康面で変化が起こっていないかを、気遣いながら訊ねるといった意味が込められているのです。

加えて言い回しがそれなりに丁寧で、気遣いが必要な相手に使用すべき言葉なので、立場が下の人間に使うには少し大袈裟な表現となっています。

なのでビジネス上では、しばらく顔を合わせていなかった同期や、かつての取引相手や上司、といった相手に対して使用される事が多いです。

タイトルとURLをコピーしました