「ご連絡いただければと思います」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご連絡いただければと思います」とは?ビジネス用語

「ご連絡いただければと思います」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

「ご連絡いただければと思います」とは?

はじめに「ご連絡いただければと思います」の意味を解説していきます。

「連絡」「つながりをつけること」を意味する言葉です。

これに「ご」を付けて「ご連絡」とすることで、丁寧な表現にしています。

また、「いただく」「もらう」をへりくだって表現した謙譲語です。

さらに「ればと」「~してもらえると」と同じ意味で使用できます。

これらのことから、「連絡もらえると思う」という言葉を、丁寧に表現したのが「ご連絡いただければと思います」だと言えるのです。


「ご連絡いただければと思います」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「ご連絡いただければと思います」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが発注元に納品したとします。

しかし、発注元は検収を保留しました。

しかし、検収を保留している理由が不明だったのです。

そのため、あなたは相手に連絡をお願いすることにしたのです。

このような場合には「ご連絡いただければと思います」とメールに記載するよいでしょう。

これにより、相手からの連絡を望んでいることをフォーマルに表現できるのです。

この言葉を使う場合の注意点は、語尾にあります。

「いただければと思います」は控えめな表現です。

極端に言えば、自分が思っているということを伝えるだけの言葉なのです。

そのため、この言葉には相手に対して強要する力がないのです。

そのことに注意して使用するとよいでしょう。


「ご連絡いただければと思います」を使った例文

ここでは「ご連絡いただければと思います」を使った例文を挙げていきます。

例文のように単独でも使用できますし、冒頭に言葉を加えて使用することも可能です。

・『ご連絡いただければと思います』
・『お時間ある時に、ご連絡いただければと思います』
・『お手すきの際にでも、ご連絡いただければと思います』

「ご連絡いただければと思います」の類語や敬語での言いかえ

それでは「ご連絡いただければと思います」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「ご連絡いただければと思います」の類似表現

まず「ご連絡いただければと思います」の類似表現について解説します。

「ご連絡」「お電話」との言い換えが可能です。

この場合は連絡手段が限定されるので注意しましょう。

「ご連絡いただければと思います」の敬語表現

つぎに「ご連絡いただければと思います」を別の敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

例えば「ご連絡いただけると幸いです」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「ご連絡いただければと思います」という表現は、相手からの連絡を望む場合に使える定番フレーズです。

ビジネスでも使用できるものなので、覚えておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました