「お持ち帰りいただく」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お持ち帰りいただく」とは?ビジネス用語

当記事では、ビジネスシーンでも使用されている「お持ち帰りいただく」の言葉の意味や、使い方に関して解説致します。

「お持ち帰りいただく」とは?意味

お持ち帰りいただくは、おもちかえりいただくと読むべき言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば理解可能な事でしょうが、持ち帰るを丁寧に表したお持ち帰りの文字に、してもらうといった意味を丁寧な表現に変化させた、いただくの文字を付け足す事で成立した言葉となっています。

以上の事からお持ち帰りいただくは、持ち帰ってもらうという意味を表すのです。


「お持ち帰りいただく」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

お持ち帰りいただくは、持って帰ってもらうという意味の言葉として使用されています。

要するに何らかの物を、相手に家まで持ち帰ってもらうといった意味の言葉です。

ただし持ち帰りではなく、お持ち帰りという風に丁寧な表現を駆使している事から分かる様に、この言葉は気遣いが必要な相手に対して用いる必要があります。

そのため、ビジネス上では部下の様に明確に立場が下と言える人間に対して使うと、大仰な表現過ぎて不自然になるので使えません。

お客や取引相手、上司といった気遣いが必要となる目上にあたる人物に対して、利用すべき言葉である点をきちんと留意しておく必要があるのです。

同様に注意点としては、お持ち帰りいただくを、お持ち帰り頂くという風に漢字に直すと意味合い自体が変化するので、いただくを漢字表記に変えるべきではありません。


「お持ち帰りいただく」を使った例文

・『こちらのサンプルですが、お持ち帰りいただく事は可能です』

「お持ち帰りいただく」の返答や返信

お持ち帰りいただくは、土産品等を相手に持ち帰って貰う、という意味を示す言葉となっています。

ただし随所に敬意を込めた丁寧な言い回しを行っている事から理解出来る様に、このお持ち帰りいただくは、敬うべき目上の相手に対し、気遣いを見せながら用いる言葉です。

逆に言うと、お持ち帰りいただくの言葉に対して返答や返信を行うのは、立場的には上にあたる人物となっています。

故にこの言葉に対するポジティブな返答や返信例としては、分かりましたや、承知しました、といったシンプルな言葉が想定されるのです。

まとめ

お持ち帰りいただくは、持って帰ってもらうという意味合いを指し示す言葉となっています。

ただし最初のお持ち帰りの文字を見れば分かる様に、相手を気遣いつつ丁寧な言い回しをする言葉です。

お陰で部下の様な目下の相手に対して使用するのは丁寧過ぎるため、相応しくありません。

このお持ち帰りいただくは、取引相手や上司、お客といった敬うべき立場的には上の人間に対して、駆使すべき言葉となっているのです。

タイトルとURLをコピーしました