「当日はよろしくお願いします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「当日はよろしくお願いします」とは?ビジネス用語

この記事では「当日はよろしくお願いします」について解説をします。

「当日はよろしくお願いします」とは?意味

当日はあることをしてくれるようにお願いします、当日はお世話になるけれどお願いします、といった意味です。

「当日」は、ある事を行う日を指します。

この言葉を使っている日ではありません。

「よろしく」は、人にものを頼んだり、好意を示したりするときに用いる語です。

「お願い」「願い」の謙譲語・美化語で、ある事柄が叶うよう求める意を表します。

「ます」は敬意を表す語です。


「当日はよろしくお願いします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、これから先のある日に、聞き手に何かをしてもらう場合に用います。

「お願いします」の部分は「お願いいたします」とすることもあります。

「いたす」「する」の謙譲語です。

たとえば、AさんがB社の工場見学をするとします。

工場見学をするのは1週間後です。

その日には、B社の人に工場内を案内してもらったり、工場の管理をするうえで気をつけている事柄の話を聞いたりなどします。

当日はB社の人にお世話になるのです。

そのときのことを指して、「よろしくお願いします」と伝える際にこの言葉を用います。

今度は一緒にイベントを開催することで説明をします。

これから先のある日に、C社とD社でイベントを行うことになりました。

ともに力をあわせてイベントを成功させようとしています。

「一緒に頑張りましょう」「どうぞ一緒に物事を行ってください」このような意味を込めて、「当日はよろしくお願いします」を用います。

このように、相手に何かをしてもらう場合に使う言葉です。


「当日はよろしくお願いします」を使った例文

・『ご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、当日はよろしくお願いします』

「当日はよろしくお願いします」の返答や返信

一緒に何かをする場合であれば、こちらからも「よろしく」の意を伝えます。

お互い好意を示すことで、一緒に物事を行う際に、やりやすくなることでしょう。

ある事柄を頼まれているときには、「わかりました」の意を伝えます。

当日にはその物事を行いましょう。

これから先のことは、どうなるかわかりません。

もしも、「当日」が指す日の都合が悪くなった場合は、早めに連絡をします。

ぎりぎりになって伝えると、急な予定変更をしなければならず、相手に迷惑をかけます。

余裕をもって伝えるようにするのが望ましいです。

まとめ

この言葉は、これから先のある日に、聞き手に何かをしてもらう場合に用います。

一緒に物事を行う場合も、相手にだけ何かをしてもらう場合も使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました