「すでにお聞き及びのことと」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「すでにお聞き及びのことと」の敬語とは?ビジネス用語

「すでにお聞き及びのことと」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「すでにお聞き及びのことと」の意味

これは、相手が既に聞いていることを敬語で表現した言葉です。

「すでに」「既に」と表記できます。

これは、物事が発生済である様子を、表現する言葉です。

また、「お聞き及び」「聞き及ぶ」という動詞が変形したものです。

ここでは語尾を変化させて名詞にした上で、接頭語を付与して丁寧な表現にしています。

そして「聞き及ぶ」は、「聞いている」「聞いて知っている」という意味で使用できる言葉です。

なお、「ことと」「ことかと」「ことであろうかと」という推察のニュアンスを含む表現になっています。

これらのことから、「すでにお聞き及びのことと」が、相手が既に聞いていることを敬語で表現した言葉であると分かるのです。


「すでにお聞き及びのことと」の敬語での使い方や表現方法

この言葉は既に敬語になっています。

ここでは「お聞き及び」という丁寧な表現を用いているのです。

これをさらに明確な敬語にするには、「すでにお聞き及びの事と存じます」のように使用するとよいでしょう。

この場合は、謙譲語を用いた敬語表現の形にできるのです。

たとえば、上司にある話を持ち掛けようとしていたとします。

そしてその件は、既に上司の耳に入っているはずなのでした。

このような場面で、「すでにお聞き及びのことと存じます」と言うとよいでしょう。

これによって、相手が聞いて知っているであろうことを、上手に表現できるのです。

また、「すでにお聞き及びのことと」を別な敬語と組み合わせる方法もあります。

たとえば「すでにお聞き及びのことかと思います」と表現できます。

また、「すでにお聞き及びのことと推察いたします」のように言い表す方法もあります。

さらに、「すでに聞き及んでいるであろうと思います」のようにアレンジする手段もあるのです。

このように、この言葉を色々な形で表現できると分かります。

実際の状況に合わせて適した表現を選択するとよいでしょう。


「すでにお聞き及びのことと」の言い換えや使用例

・『すでにお聞き及びのことと存じます』
・『すでにお聞き及びのことと推察いたします』
・『すでにお聞き及びのことであろうと思います』
ここでは使用例を挙げています。

例文のように、前段の内容に応じた形で、言葉を続けるとよいでしょう。

また、組み合わせる言葉を工夫すると、それぞれ違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「すでにお聞き及びのことと」は、相手が既に聞いていることを敬語で表現した言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました