「頑張っていきたいと思います」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「頑張っていきたいと思います」の敬語とは?バドミントン用語

「頑張っていきたいと思います」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈します。

「頑張っていきたいと思います」の意味

「頑張っていきたいと思います」は、頑張る行為を続けていく気持ちを表現したものです。

「頑張る」「努力する」「苦難に耐える」のような意味を持ちます。

これを「頑張っていく」にすると、将来に向けて頑張り続けることを表現するものになるのです。

また、ここでは「頑張っていきたい」とすることで、それが自分の願望であることを言い表しています。

さらに「思います」を付与して、自分の考えであることも付け足しているのです。

これらのことから、「頑張っていきたいと思います」が、頑張る行為を続けていく気持ちを表現したものであると分かるのです。

「頑張っていきたいと思います」の敬語での使い方や表現方法

「頑張っていきたいと思います」は既に敬語になっています。

これは、丁寧語の「思います」という丁寧語を用いた表現になっているのです。

たとえば、上司から仕事ぶりを褒められたとします。

そのため、これからも業務に注力していきたい気持ちを表明することにしたのです。

このような場合に、「これからも、仕事を頑張っていきたいと思います」と述べるとよいでしょう。

これによって、頑張る行為を続けていくつもりであることを、上手に表現できるのです。

また、「頑張っていきたいと思います」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば、「頑張っていきたく存じます」で謙譲語になります。

また、「頑張って参りたいと思います」と言い換える方法もあります。

さらに、「頑張っていく所存です」「頑張っていくつもりです」のように表現する手段もあるのです。

このように、「頑張っていきたいと思います」を敬語で言い換えられると分かります。

同じような意味でも、選択する言葉次第で印象の違うものになるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「頑張っていきたいと思います」の言い換えや使用例

・『これからも、頑張っていきたいと思います』
・『より一層、頑張って参りたいと思います』
・『引き続き、頑張っていくつもりでございます』
ここでは、「頑張っていきたいと思います」を使った例文を挙げています。

例文からも分かるように、前段に一言加えると、自然な表現になります。

また、「頑張っていきたいと思います」を別な敬語で言い換えると、印象の違った表現を生み出す事もできるのです。

まとめ

このように「頑張っていきたいと思います」は、頑張る行為を続けていく気持ちを表現したものです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました