「立ち合いありがとう」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「立ち合いありがとう」の敬語とは?ビジネス用語

「立ち合いありがとう」の敬語とはどう使う?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「立ち合いありがとう」の意味

「立ち合いありがとう」という言葉は、自分の立ち合いに一緒に参加してくれた相手や立ち合いを依頼した相手に対してお礼をいう時に使用されます。

現地の状況を確認してもらう必要がある場合などに、立ち合いを相手に依頼することがありますが、忙しい中で時間を取ってくれた相手に対して感謝の気持ちを伝える際にも「立ち合いありがとう」という表現を使います。

また、不慣れな仕事であり、一人で立ち合いを行うことに不安を感じている場合に、立ち合いの同席をお願いした相手に対して、「立ち合いありがとう」とお礼を言う時の表現としても使用されます。

「立ち合いありがとう」の敬語での使い方や表現方法

「立ち合いありがとう」という言葉を敬語で表現する場合には、「お立ち合いありがとうございます」「お立ち合いいただき感謝いたします」といった表現となります。

「お忙しいところを」と頭に付けて「お忙しいところをお立ち合いありがとうございました」と表現すると更に丁寧であり、相手に感謝の気持ちが伝わりやすいです。

遠くから来てくれた相手に対しては、「遠いところをお立ち合いいただきありがとうございました」と表現するとよいでしょう。

「立ち合いありがとう」の言い替えや使用例

・『先日はお忙しいところをお立ち合いいただきありがとうございました』
・『急なお願いにも関わらず、お立ち合いいただき深く感謝しております』
・『一人では不安だったのでお立ち合いありがとうございました』
「立ち合いありがとう」という言葉を使用する場合、相手に敬語表現で感謝の意を伝える「お立ち合いありがとうございました」という表現を使うとよいでしょう。

取引先の相手や目上の方などの場合には、「お立ち合いいただき深く感謝しております」と表現するとかしこまった印象となります。

まとめ

「立ち合いありがとう」という言葉は、相手に労力を割いていただいたお礼を言う言葉となるので、仕事をする場面では使用することが多いです。

正しい敬語表現を身に付けておくことで、相手に対してしっかりと感謝の気持ちを伝えることが出来るようになります。

自然に敬語表現をつかるようになっておけば、いろいろな会話の場面で自然に「立ち合いありがとう」という言葉を伝えることが出来るので、コミュニケーションも更に円滑になることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました