「略儀」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「略儀」の敬語とは?ビジネス用語

「略儀」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「略儀」の意味

「略儀」は、相手に対する儀礼を省略するような場面で使用できる言葉です。

これは、メールや手紙などの文面で、謝罪や御礼を述べるような場合に使用します。

謝罪や御礼は、直接会って実施するのが礼儀とされています。

しかし、直接会って謝罪や御礼できないような状況も存在するのです。

そのような場合に「略儀ですが」と前置きした上で、メールや手紙で相手に謝罪や御礼を述べるのです。

このようにすることで、儀礼を省略した手段であるとわきまえていることを、上手に表現できるのです。

これらのことから、「略儀」が、相手に対する儀礼を省略するような場面で使用できる言葉であると分かるのです。

「略儀」の敬語での使い方や表現方法

「略儀」を敬語にする場合が、「略儀ですが」のように語尾を付け加えるとよいでしょう。

この場合は、「です」という丁寧語を用いた表現になるのです。

たとえば、取引先に御礼を述べることになったとします。

しかし、その取引先の拠点は遠方にあり、直接行くのは難しいのでした。

このような場面で、「略儀ですが、メールにて御礼申し上げます」と言うとよいでしょう。

これによって、省略した手段であるメールを用いて御礼することを、上手に表現できるのです。

また、「略儀」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「略儀ではりますが」「略儀ではございますが」と表現できます。

また、「メールで恐縮ですが」「書面で恐縮ですが」のように、類似の表現で置き換えてみてもよいでしょう。

このように、「略儀」という言葉を用いて色々な表現が可能であると分かります。

同じような意味でも、組み合わせる言葉次第で、違う印象の表現を作り出せるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「略儀」の言い換えや使用例

・『略儀ですが、文中にて感謝申し上げます』
・『略儀ではありますが、書面にて謝罪いたします』
・『略儀ではございますが、メールで御礼申し上げます』
ここでは、「略儀」の使用例を挙げています。

例文のように、御礼や謝罪の言葉を組み合わせると、自然な表現になります。

また、「略儀」に組み合わせる言葉を工夫すれば、それぞれ違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「略儀」は、相手に対する儀礼を省略するような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました