「由々しき事態」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「由々しき事態」の敬語とは?ビジネス用語

「由々しき事態」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「由々しき事態」の意味

「由々しき事態」は、無視しておけないような状態のことを言い表した言葉です。

「由々しき」「由々しい」という言葉の語尾が変形したものです。

そして「由々しい」は、「報知しておけない様子」「無視しておけない様子」を表しています。

これは、そのままにしておけば大変なことになる様子を表現しているのです。

また、「事態」「事の状態」「事のありさま」のような意味を持ちます。

これらのことから、「由々しき事態」が、無視しておけないような状態のことを言い表した言葉であると分かるのです。

「由々しき事態」の敬語での使い方や表現方法

「由々しき事態」を単独で敬語にはできません。

これを敬語にする場合は、「由々しき事態です」のように、語尾を付け加えて表現する必要があるのです。

たとえば、顧客とトラブルになったとします。

そしてそのトラブルをケアしなければ、大問題になる見込みなのでした。

このような場面で、「今回のトラブルは、当社にとって由々しき事態です」と言うとよいでしょう。

これによって、無視しておけないような事態であることを、上手に言い表す事ができるのです。

また、「由々しき事態」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「由々しき事態であります」「由々しき事態でございます」と表現できます。

また、「思う」を組み合わせて、「由々しき事態だと思います」と表現する手段もあります。

この場合は、「由々しき事態かと存じます」のように謙譲語にする方法もあります。

さらに、「無視できない事態」「看過できない事態」のように、類似表現で代替してもよいでしょう。

このように、「由々しき事態」を色々な形で表現できると分かります。

同じような意味でも、言葉の選択次第で印象の違うものにできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「由々しき事態」の言い換えや使用例

・『当社にとっても、由々しき事態です』
・『我々にとっては、由々しき事態でございます』
・『皆様にとっても、無視できない事態かと存じます』
ここでは、「由々しき事態」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に言葉を加えると、自然な表現になります。

また、「由々しき事態」を変化させれば、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「由々しき事態」は、無視しておけないような状態のことを言い表した言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました