「本日は休んでいる」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「本日は休んでいる」の敬語とは?ビジネス用語

「本日は休んでいる」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「本日は休んでいる」の意味

「本日は休んでいる」は、今日休んでいる状態であることを誰かに伝達するための言葉です。

「本日」とは、「今日」と同じ意味を持ちます。

今該当している日のことを「本日」という言葉で表現できるのです。

また、「休んでいる」「休む」「いる」が組み合わされたものです。

このようにすれば、現在進行形にいなります。

つまり、「休む」という状態が、今も続いていることを表現する言葉になるのです。

これらのことから、「本日は休んでいる」が、今日休んでいる状態であることを誰かに伝達するための言葉であると分かるのです。

「本日は休んでいる」の敬語での使い方や表現方法

「本日は休んでいる」を敬語にすると、「本日は休んでいます」と表現できます。

この場合は「いる」「います」に置き換えた丁寧語の表現になるのです。

たとえば、顧客から部長宛に電話があったとします。

しかし部長は、休暇を取得していて不在なのでした。

このような場面で、「部長の山田は、本日は休んでいます」と言うとよいでしょう。

これによって、部長が今日休んでいることを、上手に伝達できるのです。

また、「本日は休んでいる」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「本日は休んでおります」で謙譲語になります。

また、「今日は休んでいます」のように、「本日」の部分を言い換える手段もあります。

さらに、「本日は休暇を取得しております」のように言い換える方法もあるのです。

このように、「本日は休んでいる」を様々な表現で言い換えられると分かります。

同じような意味でも、言葉の選び方次第で異なる印象の表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「本日は休んでいる」の言い換えや使用例

・『先輩は、本日は休んでいるそうです』
・『部長の山田は、本日は休んでいます』
・『山田課長ですが、今日は休暇を取得しております』
ここでは、「本日は休んでいる」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に説明を加えると、自然な表現になります。

また、「本日は休んでいる」を敬語で変化させれば、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「本日は休んでいる」は、今日休んでいる状態であることを誰かに伝達するための言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました