「慢心せず」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「慢心せず」の敬語とは?ビジネス用語

「慢心せず」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「慢心せず」の意味

「慢心せず」は、おごり高ぶるような気持ちにならないことを言い表した言葉です。

「慢心」「まんしん」と読みます。

「慢」という漢字には、「おごる」「あなどる」のような意味があります。

そして、そのような気持ちや感情のことを「慢心」という言葉で言い表しているのです。

また、「慢心」は名詞のため、「慢心する」のように動詞を組み合わせる事が可能です。

ここでは、「する」を否定形にして「慢心せず」と言い表しています。

これらのことから、「慢心せず」が、おごり高ぶるような気持ちにならないことを言い表した言葉であると分かるのです。

「慢心せず」の敬語での使い方や表現方法

「慢心せず」を敬語にすると、「慢心しません」と表現できます。

ここでは、丁寧語の「しません」という否定表現を用いているのです。

たとえば、先輩がある事業で成功したとします。

しかし、あなたの目からは、そのビジネスの状態が、とても危ういものに、見えたのでした。

このような場面で、「どうか慢心しませんように、お気を付けください」と言うとよいでしょう。

これによって、おごり高ぶらないようにすべきことを、上手に伝達できるのです。

また、「慢心せず」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「慢心なさいませんように」とすれば尊敬語にできます。

また、「慢心いたしませんように」とすれば謙譲語にできるのです。

他にも、「おごり高ぶることのなきよう」のように、類似の表現を用いて言い換える手段もあります。

このように、「慢心せず」を色々な形で表現できると分かります。

同じような意味でも、選択する言葉次第で印象の違う表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「慢心せず」の言い換えや使用例

・『慢心せずに取り組んでいきます』
・『慢心しませんよう、お気を付けください』
・『慢心なさいませんよう、ご注意ください』
ここでは、「慢心せず」の使用例を挙げています。

例文のように、前段の内容に応じた言葉を、続けて述べるとよいでしょう。

また、「慢心せず」を変化させれば、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「慢心せず」は、おごり高ぶるような気持ちにならないことを言い表した言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました